インドヨガの歴史:古代から続くインドの伝統を体験しよう

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

今や宗教に関わりなく、ヨガがライフスタイルに浸透しています。ダイエットや体質改善への効果が期待されているのです。

今回は、ヨガ修行のためにヨガマットを背負ってインドに降り立った経験をもとに、インドヨガの歴史についてご紹介します。

ヨガの効果に注目するだけでなく歴史も学ぶことで、より深くヨガを理解し楽しむことができるでしょう。

また、ヨガの知識を身につけて実践したくなった方には、ヨガスタジオ「ビクラムヨガ」をおすすめします。

ヨガ体験レッスンを1000円で受けることができ、ヨガマット、タオル、ウェアは無料でレンタルできるので、お手軽にヨガを始めましょう。

ビクラムヨガを予約(公式サイト)

インドヨガの歴史

ヨガの発祥は、今から4500年前です。インダス文明まで遡ると言われ、継承を繰り返しながら発展していき、ヨーガ・スートラというヨガの経典が成立しました。ヨーガ・スートラはヨガの指針です。

初めてヨガと言う言葉が出てきたのは紀元前1000年頃で、ウパニシャッド聖典にヨーガという言葉が記されました。

400年頃にヨーガ・スートラ教典が成立し、1300年頃にハタ・ヨーガが大成しています。1600年頃にハタ・ヨーガは体系化され、世界にヨガが広まることとなりました。

1920年代にはインド中央政府がヨーガ大学を設立しています。

1970年代に瞑想を中心とした第1次ヨガブームが起こり、アメリカのヒッピーを中心に流行しましたが、エアロビクスに流行が移りました。

1990年代にはエクササイズを中心とした第2次ヨガブームが起こり、セレブを中心に世界規模で人気となったのです。

インドにおけるヨガと信仰の関係

インドのあちこちで、ヒンドゥーの神様を祀った寺院がよく見られます。もともとヨガも、ヒンドゥー教の聖典から体系化されたヴァガヴァットギーターという神の聖典から生まれたものだと言われています。

当時インドでは、ヨガを古くさいとバカにする風潮がありましたが、神様を愛するインドの派手さは相当なものでした。

では、なぜヨガは置いてきぼりで、神様信仰は残ったのでしょうか。

インドの大きな制度が根強く残ったことが理由と考えられていますが、インドでは女神信仰が盛んに行われていると伺いました。

女神の中には、荒い神様もいますが、二面性があると言われています。破壊と再生です。人間の究極とも言えるでしょう。

インドではたくさんの女神寺院も見られました。毎年女神を祭るプージャが盛大に行われます。

それでもなお、またヨガが見直されているのは、ヨガとも関係の深いアーユルヴェーダから汲み取ることができます。

アーユルヴェーダは世界最古の伝統医学で、長寿や若さを保つための予防医学なので、精神論だけではなく身体にも良い影響を与えるものとして注目されているのです。

インドにおけるヨガと神様の歌の関係

インドでは、まるで生活の一部であるかのように、あちこちでインドの神様の歌がかかっています。

シヴァナンダヨガでは、ヨガの修行のなかにチャンティングという項目があります。祈りを歌で表現するのですが、インドの人は歌詞を全部覚えているのです。

ヨガの修行では、流派によってはチャンティングも科目の1つに組み込まれています。自分のお気に入りの神様を見つけてみながら、チャンティングと共にヨガに熱中するのも良いでしょう。

「ビクラムヨガ」の体験レッスンを受けよう

「ビクラムヨガ」では、呼吸とポーズによって体内の臓器をマッサージし、正常な状態に導いていきます。ヨガを続けることで、慢性病や心身の疾患の改善も期待可能です。

また、背骨のメンテナンスを中心に行うポーズは、全身の筋肉をくまなく使うので、均整のとれた身体をつくることに繋がります。

「ビクラムヨガ」のレッスンで、身体の中も外も綺麗になりましょう。

ビクラムヨガを予約(公式サイト)