整体とマッサージの違い:施術の特徴を知って目的別に使い分けよう

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

体が疲れたと感じたときは、どのように対処していますか。整体、ヨガ、マッサージなど解決法はたくさんありますが、それぞれ特徴などが違うのでどれにしようか迷ってしまうという人も多くいるでしょう。

今回は、整体とマッサージの違いについて紹介します。日々の家事、仕事でのストレスや疲れを効果的に解決するためにも、整体とマッサージの違いを理解し、お店に行く前に知識を深めましょう。

また、マッサージのような痛くなくて気持ちが良い整体で、体の痛みや不調を解消してい人のにおすすめなのがカラダファクトリーです。

カラダファクトリーでは、骨盤を中心に体のバランスを整えることで、不調改善効果からダイエット効果まで幅広い効果が得られるので、マッサージか整体かで迷っている人はぜひカラダファクトリーの施術を体験してみてください!

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

整体とマッサージの施術の違い

一見同じようで違う整体とマッサージですが、どのように選んだらよいのか疑問に思う方もいるでしょう。まず、整体とマッサージでは具体的にどのような方法で体をリラックスさせてくれるのかという違いを紹介するので、2つの特徴を比較してみてください。

整体の施術

体の歪みやずれを、主に手技によって改善させる方法が整体です。一般的に、血流やリンパの流れの循環悪化が起きたり、筋肉が硬くなってしまう原因は骨格の歪みやずれだと考えられています。

整体の特徴は、血流やリンパの循環改善や、硬くなってしまった筋肉を軟化させることができるように、骨格の歪みや関節のずれを治すことで、体の不調を根本的に改善してくれることです。

体の関節は日々の生活の中で少しずつ歪んでいきます。最初は少しのずれでも、長年蓄積されていくと体に支障をきたすこともあるので気をつけましょう。

また、整体の施術は痛いというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?痛い整体と痛くない整体の違いについては、こちらの記事でご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

痛い整体と痛くない整体の違いとは?

マッサージの施術

マッサージでは、体の表面を、叩く、さする、揉む、押すといった方法で、血流やリンパを循環させることによって疲れの改善を図ります。

硬くなった筋肉をほぐして血流やリンパの流れを良くすることで、体の不調の改善にさせてくれますが、効果は一時的であるというのが特徴。施術直後は症状が軽くなったり収まったりしていても、時間が経過するとまた元の状態に戻ってしまうことも多いと言われています。

整体とマッサージの資格の違い

整体とマッサージは、どちらもいろいろな方法で体のコリを解消してくれますが、実は必要となる資格が異なります。

整骨院と指圧・マッサージに関しては、国家資格が必要になるのが特徴です。整骨院で働くには柔道整復師の資格が必要で、指圧・マッサージを使って働くためには、あん摩マッサージ指圧師という資格が必要になります。

どちらも専門の学校に通って科目を履修することで受験資格が得られ、試験に合格することで初めて得られる資格です。しかし、最近流行っているカイロプラティック師や整体師は民間資格なので、国家資格とは別のものになります。

プロの力で悩みを解決

整体のマッサージの違いについて紹介しましたが、自分の目的に合わせて使い分けると良いでしょう。

また、ストレスと腰痛などの不調を一気に解放するために、プロの力を頼ることも1つの方法です。カラダファクトリーは、全国展開しており、身体の不調や悩みの解放に力を入れています。

ぜひ、カラダファクトリーの整体技術を体験してみてください。

近くのカラダファクトリーを探す