ラージャヨガ・八支則とは?第1〜8段階まで紹介!

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

ラージャヨガという言葉を耳にしたことがある人もいるでしょう。ヨガを勉強するにつれて触れる機会があるかと思いますが、ラージャヨガとは一体なんでしょうか。今回は、ラージャヨガについて詳しくご紹介します。

ヨガを深めたいという人にオススメのスタジオは「カルド」です。初心者はもちろん、上級者向けのクラスも充実しており、自分にあったレベルのクラスから参加することで、ヨガを深く学んでいくことができるでしょう。

体験レッスンは980円で受けられるので、スタジオの雰囲気を知りたい人にもピッタリ。必要なウェアなどはレンタルできるので、手ぶらで通えるのも魅力です。まずはお近くのカルドを予約してみましょう。

カルドを予約(公式サイト)

ラージャヨガとは?

ラージャヨガとは、瞑想行法を中心としたヨガです。「王道のヨガ」とも呼ばれ、心理的な面が重要視されます。8段階の修行法によって構成されているので、「八支則のヨガ」とも言われています。

八支則とは?

八支則とはラージャヨガで有名な規則で、心の統制を図るための、聖師パタンジャリ・マハリシによって編纂された戒律のようなものなのです。

人生を健康に生きるために守った方が良いことを提示してくれる教えですが、現代に生きる私たちには現実的ではないと感じるものもあるかもしれません。これから各段階を紹介していきます。

第1段階「ヤーマ」

第1段階では、日常生活でしてはいけないことを示しています。これを「ヤーマ(禁戒)」と呼びます。まずは第1段階の基本的な5つの生活におけるルールを見てみましょう。

アヒムサ

非暴力という意味です。生きているものに、無用な暴力や殺傷を行わないことを指します。

サティア

真実さ、嘘をつかないという意味です。言葉と行動を一致させることが大切になります。

アスティア

不盗という意味です。貪欲にならず、嫉妬をしないことを指します。

ブラマチャリア

貞節、性的エネルギーのことです。欲望を適切にコントロールすることを指します。

アバリグラハ

不貪という意味です。贈り物、賄賂を受け取らないなどがあり、物に執着しないことを指します。

第2段階「ニヤマ」

第2段階では、日常生活において奨励されること(勧戒)が示されています。自分の生活態度を改善し、心も体も霊性を高めるために5つの法則を守ることが大切です。

サウチャ

清浄という意味です。ヨガにおいては心と体の両面において純潔であることが求められます。

サントーシャ

知足、満足という意味です。まずは与えられた環境や現状を受け入れ、感謝しましょう。物事を肯定し、対処していく姿勢が大切になります。

タパス

厳格さ、厳しい修練のことです。日常で自分に課した行や仕事の積み重ねを通して、心身を強めることが求められます。

スワディヤヤ

聖典を学習することです。日々学習を怠らないことが求められます。

イシュワラ プラニダーナ

神を崇拝することです。人生の目的を達成できるよう、神に祈り、願うことが大切になります。

ヤマとニヤマが合わさることで、道徳心と論理的な行いが培われるとされています。意識が高められ、浄化され、深い瞑想のための準備ができるでしょう。

第3段階「アーサナ」

安定した姿勢のことを指します。

人生のどんな追求においても、健康で強い体は不可欠です。安定したマインドは、安定した姿勢によって可能になります。

第4段階「プラーナヤーマ」

生命エネルギーのコントロールのことを指します。体の神経も、アストラルなエネルギー管(ナディ・経絡)も、心理的な現象や混乱に耐えられるように、浄化され、強靭である必要があります。

心の内面に意識を集中させていく過程で、過去のネガティブなものが表面化してくることがあるからです。

第5段階「プラティヤハーラ」

感覚の制御を指します。「向けて集める」という意味があり、何にもとらわれない自由な心に至るための大切なステップです。

第6段階「ダラーナ」

心をひとつのものにして、集中し、他の思考を排除するという意味です。心を一点に定めることが重要となります。

第7段階「ディヤーナ」

瞑想をすることにより、感覚的な知覚、認識を超越して、神(宇宙)に向かって流れる思考のことです。煩悩が意識化し原因を知ることで、葛藤に悩む考え方を修正できます。

第8段階「サマディ」

表現できないほどの崇高な、心が把握できないもの(解脱)を指します。サマディは全ての普通の感覚的な体験、時間、空間、因果を超越し、最終到達点を象徴していると言われているものです。

このような体系から、現実のあらゆる世界のエゴを抑制し、人生をシンプルに生きていくことをヨガでは目的としています。食事指導やアーユルヴェーダの知恵もヨガに繋がるところがあるでしょう。

現代の様々な情報と物質が溢れる世界で自由に生きるために、私たちは原点から見直すことがあるのではないでしょうか。