フェイシャルマッサージとは?美白やたるみ改善など目的別のエステを紹介!

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

フェイシャルマッサージは、にきびとのうほう、しみ、しわ、くすみ、たるみなどの肌トラブルに悩む人に適したマッサージです。

フェイスケアに悩んでいる人や、美容サロンでのコース選びに迷っている人は、フェイシャルの種類を理解して、適したケアをしましょう。

また、顔のむくみが気になる、目が疲れやすい、という方にはリーズナブルな価格のカラダファクトリーの小顔コースがおすすめです。

小顔コースでは、デコルテまでしっかりほぐし、左右のバランスが整ってすっきりとするので、ぜひ体験してみてください。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

フェイシャルマッサージとは

フェイシャルマッサージには様々な種類がありますが、フェイシャルは、特に顔の肌の悩みを解消するために施されるメニューです。

脱毛に特化したサロンやそれらを一緒にやるフェイシャルを専門とする美容院があり、エステティシャンは自分の手でクレンジング、パック、マッサージを行います。

近年、いわゆる手技と呼ばれる趣向でフェイスラインに特化した技術が普及しており、特に、筋肉や骨格に作用する技術が人気です。

また、フレグランスやインテリアでお客様にリラックスさせて癒すサロンや、心身両面からのアプローチをするお店も増えています。

スキンマシーンによる本格的なスキンケアを行っており、短時間で美白効果や美肌効果を感じることが可能です。

フェイシャルエステでにきびなどの肌トラブルを解消しよう

顔の美しさといっても、その種は非常に多く、皮膚のトラブルに応じていろいろ選択できる仕組みになっています。

また、同じメニューであっても、サロンごとに内容が異なるため、希望に合ったフェイシャルエステを選ぶことがおすすめです。

ケミカルピーリングで美肌になろう

古い角質物質を除去し、新しい角質物質への生まれ変わりを促すスキンケア方法です。健康な皮膚の場合、約28日周期で角質が生まれ変わり、古い角質が自然に落ちる仕組みです。

しかし、老化やストレスなどにより代謝が低下すると、古い角質が剥がれることなく残って、毛穴とにきび、しみ、くすみなどを引き起こします。

ケミカルピーリングでは、タンパク質を溶かすフルーツ酸(AHAなど)を使用します。

フルーツ酸は、古いケラチンを科学的に除去することが可能な上に、皮膚の再生をしっかりサポートしてくれるので美肌対策にぴったりです。

イオン導入で肌トラブルを改善しよう

皮膚美化成分として知られているビタミンCやコラーゲンは分子量が大きく、皮膚に直接塗布するだけでは十分に浸透できません。

イオン導入では皮膚に微弱な電流を流し、美容成分をイオン化することにより、角質層の深さに機能性を十分に浸透させることが可能です。浸透力は普通の30〜100倍と同等で、美白効果や美肌効果が期待できます。

フォトフェイシャルでくすみを無くそう

「IPL」という光エネルギーを照射するフェイシャルケア方法です。光エネルギーは、しみやくすみの原因となるメラニン色素をはじく機能に加えて、皮膚の弾力性と弾力性の基盤となるコラーゲンの形成を促進します。

また、美白効果や老化防止効果を発揮する作用があるので、美白を意識している人におすすめのケア方法です。そして、敏感肌のアクネケアなどには、皮膚への刺激が極端に少ないのでよく使用されています。

ホワイトニングで美白を目指そう

美白効果のあるローション、美容液などを使ってマッサージする方法です。ローションとエッセンスにはプラセンタやビタミンCなどの化粧品成分が含まれています。

また、プロのエステティシャンによるマッサージはより効果的に美白効果を得ることが可能です。

リフティングでたるみを引き上げよう

老化による顔面のたるみや二重顎を解消するケア方法です。顔面の筋肉やリンパ腺に良い刺激を与えることにより、不要な老廃物や湿気の排出を促進し、たるみやむくみを排除します。

一般的に、ヒアルロン酸やコラーゲンなどのを用いた手のマッサージ方法が主流です。しかし、サロン内で超音波装置を使用する店舗もあります。

リラクゼーションマッサージで癒されよう

リラクゼーションマッサージでは、基本的に全部位の施術があります。また、マッサージと異なり、リラクゼーションマッサージは医療行為ではありません。

そのため、肩こりの改善というよりは、アロマオイルなどを使用して体を癒す目的の施術法と言われています。

リンパフェイシャルマッサージで顔のむくみを取ろう

リンパマッサージは、強く押さない優しいマッサージで、むくんだ顔に施術すると効果的です。しかし、リンパの流れる方向を把握していないと、顔にただ優しい圧をかけているだけになってしまいます。

おでこから耳脇、そして顎下、鎖骨までに流すように優しくマッサージをするのがポイントです。

顔のリンパの流し方はこちら:フェイシャルマッサージで小顔を手に入れよう

指圧マッサージでツボを刺激しよう

皮膚が腫れたり、熱くなっていたり、肌が痒いときには、マッサージを避けるようにしましょう。マッサージの代わりに筋肉の疲労を取るためにツボを押すと、普通のマッサージの代わりになります。

指圧はツボを覚えると場所によって様々な効能が得られるので便利です。

フェイシャルマッサージの注意ポイント

自分でフェイシャルマッサージをするときには、気を付けなければならないことがいくつかあります。今回紹介するポイントに注意して、安全にマッサージをしましょう。

注意ポイント①マッサージクリームやオイル

マッサージは、マッサージクリームやオイルなど、いつも肌に滑り込むようなものを使用しなければなりません。クリーム、ジェル、ローション、オイルなど、肌に滑りやすい化粧品を使ってマッサージしましょう。

それらを使用しなければ、摩擦によって皮膚に負担を与えてしまい、肌がボロボロになってしまう恐れもあります。

注意ポイント②コンタクトレンズを取る

目元のマッサージなどを行う場合は、コンタクトレンズを必ず取りましょう。取ることができない場合は、眼の周りのクレンジングとマッサージに注意を払う必要があります。

特に、クレンジングローションが目に入っていないように要注意です。また、顔にマッサージする時やホットタオルを当てたときに目に圧力をかけないようにしましょう。

注意ポイント③化粧かぶれ

皮膚が特に敏感な人は、強い刺激やマッサージやでアレルギー反応を起こすことがあります。しばらく中止して、かぶれがひどい場合は、専門の医療機関に診察してもらってください。