ヨガの用語解説:特徴的な考え方を理解してより深く楽しもう

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

ヨガには多くの用語が存在します。ヨガの教室では、インドの哲学の話を織り混ぜてお話をする先生もいるので、ヨガの用語を知っているとよりヨガが楽しくなるかもしれません。

そこで今回はヨガで大切な用語の解説をしていきます。ヨガをしている方や、これから始めようと思っている方はぜひチェックしてヨガの世界をより深く理解してみましょう。

また、ヨガの知識が身についたら実践してみるとさらにヨガへの理解が深まるはずです。ヨガを始めたいと考えている方には、ヨガスタジオ「ヨガプラス」をおすすめします。

グループレッスンとプライベートレッスンを選ぶことができるので、初めてで不安だという方は「ヨガプラス」のプライベートレッスンでじっくりヨガへの理解を深めましょう。

ヨガプラスを予約(公式サイト)

ヨガの用語

ヨガの言葉はサンスクリット語と呼ばれるものなので、ほとんどの人には馴染みのない言葉です。

①バガヴァッド・ギータ

ヨガのもとになっている、経典をご存じでしょうか。バガヴァッド・ギータはヨガのもとであり、最も重要な経典です。

バガヴァッド・ギータは、私たちが日常のストレスの中で、対立や問題を抱えてもなお、いかに霊的な生活を送るかを学ぶ経典と言われています。バガヴァッド・ギータの直訳は神の詩です。

キリスト教で経典が聖書であるように、ヨガにも経典が存在します。

②キールタン

キールタンとは、神の名前を歌うことと言われています。キールタンは、ヨガをやる前やヨガを出来ないときなどに、歌を歌うことで呼吸や精神を整えるヨガの1つです。

キールタンは、バクティヨガ(帰依・もしくは非利己的な愛)の道であるとも言われています。

私たちの心は、ムード、気質、気まぐれ、空想などから、郷愁や感情まで留まることを知らない不思議なものです。古来のヨガを導く先人は、心をコントロールし神を悟るための確実な方法として歌を唄いました。

キールタンには帰依心を養うためでなく、不純な心を清め、落ち着かせ、揺らぎやすい傾向を確認することができる効果があるのです。

音程をとることで、ナディ(呼吸の気道)を純化し、そのなかに眠っている精神性、霊的な力を覚醒させることができます。

③マントラ

マントラは、神の言葉と言われています。物が使われたときや、何か行為が起こったときに聞こえるバイブレーション音から作り上げられた言葉です。

バイブレーションによって作り上げられたマントラは、私たちのエネルギーと考えられています。インドにおけるサンスクリットマントラは、音の構造によって作られたエネルギーです。

マントラには、特定の神様に信仰的な意味で惹かれたり、ヴァイブレーション音そのものに惹かれたりすることもあります。

また、自分の性格と神様との相性や、同一性で惹かれたりもするのです。

④アナトミー

ヨガではたまに、アナトミーのクラスがあります。アナトミーとは解剖学のことです。ヨガは、自ら肉の体を、自己を完成させる旅の道具と見なすと言われていて、解剖学から自分の体にアプローチすることを重要視します。

ヨガは、自身の呼吸や精神状態、体調を知ることの科学として組み立てられています。

ヨガで心身ともにリフレッシュしよう

ヨガには、体をほぐしたり鍛えたりといった身体的な影響だけでなく、心をリフレッシュさせる精神的な影響もあります。

ヨガスタジオ「ヨガプラス」は、マインドフルなヨガを重視しているスタジオです。マインドフルなヨガとは心が落ち着く体をつくるヨガのことで、ストレスの軽減に役立つでしょう。

常に落ち着いていてストレスを抱えにくい心を持ちたいという方は、ぜひヨガスタジオ「ヨガプラス」のマインドフルなヨガを体験してみてください。

ヨガプラスを予約(公式サイト)