ホットヨガにはマットが必要?ヨガマットの選び方と特徴をご紹介!

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

ホットヨガは、ヨガマットもしくはバスタオルを敷いて行うことができます。しかし、大手ホットヨガスクールではヨガマットが必須となりました。バスタオルでも行えるホットヨガですが、なぜヨガマットを推奨するようになったのでしょうか。

今回は、ヨガマットの必要性やレンタルのメリット・デメリットを紹介します。ヨガに通う際の参考にしてみてください。

また、まだどこのヨガスタジオに通うか決めかねている、ヨガの道具をそろえるのは大変そうと感じている方には、ホットヨガスタジオの「カルド」がおすすめです。

「カルド」では、ヨガマットの準備は強制ではなくバスタオルでも良いとしています。服装も普段のTシャツにハーフパンツといった格好で大丈夫なので、新しく何か用意したりする必要はありません。

また、服やタオルをレンタルできる会員プランもあるので、手ぶらで通うこともできるでしょう。気軽にヨガを始めたい方にはぴったりのヨガスタジオで、体験レッスンも980円で参加できるのでぜひチェックしてみてください。

カルドを予約(公式サイト)

ホットヨガではヨガマットを必ず使うべきか

ヨガマットが必須のスクールではヨガマットを使用するしかないですが、どちらでも良い場合は、自身のヨガのレベルや実際にやるヨガの種類に合わせることが大事です。

ポーズがまだうまくとれないなど自信がない方は、ヨガマットの使用をオススメします。また、ヨガの動きの強度によってもヨガマットを使用した方が良い場合もありますので、自身がより安全にヨガを楽しめるように、ヨガマットの活用を検討してみてください。

ヨガマットが推奨されるようになった理由

ホットヨガでは日常では行わないさまざまなポーズをとりますので、ポーズをとるときにバランスを崩しやすくなります。バランスを保つにはクッション性があり、グリップも効いて滑りにくくなるヨガマットが安全性が高いということで推奨するようになりました。

ホットヨガに適したヨガマットの選び方

自分でヨガマットを用意する場合は、いくつかのポイントを意識して選ぶようにしましょう。

耐熱性のある素材で作られているか

ホットヨガに使うヨガマットを選ぶにあたっては、素材に注目することが大切です。一般的にホットヨガでは、ポリ塩化ビニルという素材のヨガマットを使用しています。

なぜポリ塩化ビニルが一般的に使われているのでしょうか。ホットヨガは、床の温度が35℃~40℃位になりますので耐熱性が求められます。そこで、素材がその温度に対応出来るかがポイントとなるからです。

ポリ塩化ビニルの耐熱性は60~80℃なので、ホットヨガに適しているといえます。

グリップ力のある素材で作られているか

さらに、ホットヨガはヨガマットに汗が落ち、滑りやすくなりますので、その滑りを防止するためにはヨガマットのグリップ力が必要になってきます。

グリップ力が高い素材はポリ塩化ビニル以外にも「熱可塑性エラストマー」という素材があるのですが、こちらは耐熱性が弱いため、ホットヨガマットとしてはあまり一般的ではないようです。

ポリ塩化ビニルは、グリップ力もあり耐熱性もあることからホットヨガに適した素材といえます。

ヨガマットのレンタルについて

スタジオによっては、ヨガマットをレンタルさせてくれるところもあります。サイトなどを見て詳細を確認しておきましょう。

メリット

レンタルヨガマットのメリットは、荷物になるヨガマットを持たずに手軽にホットヨガに行けることです。さらに、無料でレンタルすることが出来るホットヨガスクールもあるので、金銭的にも安心です。

また、スクールではホットヨガに適したヨガマットを用意しているので、その点でも安心して使用することができます。

デメリット

デメリットは多くはありませんが、気になる点と言えば衛生面です。誰かが使ったものを使用するわけなので、気になる方はいらっしゃると思います。しかし、使用後は除菌スプレーをすることになっていたりと、衛生対策はなされている場合がほとんどです。

より快適にヨガマットを使うために

ホットヨガでは汗を吸収する用途でラグを使う方もいます。マットの上にラグを敷くことで、汗による不快さを取り除く効果があります。

ホットヨガ専用のラグでは、裏側に滑り止め加工が施してありますので、ヨガマットの上に敷いてポーズをとっても滑りにくく作られています。ヨガマットとあわせてラグを使うことで、より快適にホットヨガをすることができるので大変おすすめです。