ホットヨガ「LAVA」の退会方法は?退会と休会の違いもご紹介!

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

LAVAは永久会員制という制度をとっていますので、厳密には退会とは呼ばず解約といいます。

LAVAでは通常、マンスリーメンバーとなりヨガのレッスンを受けることになります。つまり、解約もしくは休会をしない限り、行かなくてもお金はかかってしまうのです。

何らかの事情で通えなくなった場合は、解約、及び休会の手続きをして損のないようにしましょう。

今、LAVAへの入会を迷っている方も、このように解約・休会制度があるので安心して入会できます。

LAVAを予約(公式サイト)

LAVAの解約方法

引っ越しや仕事等、LAVAに通う時間が無くなった、もしくはジムを移籍する、といった2度と行く可能性が低い方は、解約手続きをすると良いでしょう。

解約を申し出たらすぐに退会できるのか

マンスリーメンバーは月謝が引き落としなので、口座引き落としの関係で、早めに解約を申し出なければなりません。具体的には、退会の希望月の前の月の15日までに退会を申し出る必要があります。

つまり、解約月の15日までに申し出れば、その月いっぱいで退会となり、月の15日を過ぎるとその月と翌月いっぱいで解約、ということになるのです。

解約の手続き方法

解約の手続きは、自信のメイン登録店舗で直接行う方法のみとなっています。電話やネットでは解約できません。解約は、サインをした後に手続きが完了します。解約を直接申し出るのは気が引けるかもしれませんが、解約の理由を聞かれるだけで、あとはさっくり解約できるようです。

受付スタッフさんからは「1回券もあるので、お時間ある時に良かったら来てくださいね」というような事を言われる程度で、親切に解約の対応をしてくれます。なので、後ろめたい気持ちになる必要はありません。

注意点は、解約の手続き先はご自身のメインの登録店舗に限る点です。複数のスタジオに通っている方はご注意ください。忙しくても、代わりに別の人が解約の手続きをすることはできず、本人のみ解約手続きをすることができます。

解約に必要な持ち物

退会は、手ぶらではできません。解約を申し出る時に会員証とマンスリー証を持っていく必要があります。印鑑は持っていく必要はありません。

解約と休会の違い

休会とは、解約をせずにレッスンを月単位でお休みする制度です。解約は、解約後当然に金銭が発生することはありませんが、休会は休会中でもそれなりの額の事務手数料が発生します。

休会をするメリットは、休むのが短期間の場合のみになります。なぜかというと、解約してから再登録するときに支払う登録料が5,000円なので、登録料のことを考えると長期間休会して事務手数料がかかってしまう方が損になってしまう場合があるためです。

解約のときの注意点

LAVAに入会するときに実施していたキャンペーンを使用して入会していた場合は、規定の期間継続することを条件にキャンペーン価格を適用している場合があります。

解約できない訳ではありませんが、違約金という形で支払うと途中でも解約できるとのことです。こちらの違約金については、計算方法があると思いますので、店舗に確認することをおすすめします。

解約したあとも単発で気軽にヨガができる

LAVAには1回券というものがあり、解約しても永久会員制によって会員ではあるので、1回券を利用してやりたいときにヨガをすることが出来ます。

マンスリーメンバーの時の価格よりは割高になってしまいますが、解約したけど、たまにはやりたいなと思う方はこの制度を使ってみてはいかがでしょうか。

LAVAを予約(公式サイト)