ふくらはぎの脂肪を落とす方法5選:むくみの改善にも効果的!

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

キュッと引き締まった魅力的なふくらはぎに憧れ、脂肪を落としたい、引き締めたいと思っている人は多いでしょう。

またふくらはぎは、第二の心臓とも呼ばれいて、鍛えることで冷えやむくみが改善する効果も見込めます。今回は、誰でも簡単にできるふくらはぎの脂肪の落とし方法を5つ紹介します。

また、整体院のカラダファクトリーでは、足のお悩みを解消できるコースが用意されています。美容整体コースでは、足の悩みを解決することができます。下記のサイトから予約を行いましょう。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

足が太くなってしまう原因を知りたい方はこちらもチェックしてみてください。
足が太くなる原因と対処法:むくみを解消して美脚になろう

理想的なふくらはぎのサイズとは?

はっきりした数値で目標を決めることが、やる気アップになります。理想のサイズを知り、ふくらはぎを引き締める方法を実践し、美しい脚を手に入れましょう。まずは、自分の理想のふくらはぎを計算してみましょう。

身長(cm)に0.2をかけると、理想的なふくらはぎ、と言われているサイズを求めることができます。160㎝の方であれば、160(㎝)×0.2=32(㎝)です。

運動でふくらはぎを引き締める方法

ふくらはぎが脂肪で太い、という場合には運動で脂肪を燃やすことが大切です。ふくらはぎを引き締める運動を紹介していきます。

有酸素運動

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動では、ふくらはぎに負荷をかけすぎないことがポイントです。

簡単な方法として、毎日継続して歩くようにしましょう。歩くスピードは早過ぎず、長く歩き過ぎないことがふくらはぎをきれいに引き締めるポイントとなります。

つま先立ち

1日に10~20回程度、つま先立ちをして、もとの姿勢に戻る運動を行いましょう。ドライヤーをかけているときや、歯磨きの時間などのちょっとした時間に取り入れてみましょう。

ストレッチ

ストレッチで筋肉をほぐすことで、リンパや血流の流れが改善されます。その結果、詰まりが流れ、ふくらはぎがすっきりします。

まず、両足を座った状態で脚を前に伸ばしましょう。つま先を前倒しにし、足の甲をグッと何秒か伸ばしたら、脚をもとの位置にゆっくり戻すだけです。シンプルですが、毎日続けることで効果を実感することができます。

リンパマッサージ

リンパをマッサージすることでリンパの流れや血流が改善され、脂肪が落ちやすくなります。

足首を両手で掴み、膝までゆっくりと撫で上げましょう。両手をグーにして、ゆっくり膝へと撫で上げても効果的です。そして、ふくらはぎを雑巾を絞るように、ぎゅっと握るようにマッサージし、最後に足首を掴み、左右にぐるぐる何回も回しましょう。

ツボを押す

ふくらはぎにあるツボを押すことで脚に溜まりやすい老廃物に効果があります。

老廃物を流す効果があるツボは、くるぶしと膝の裏のちょうど中間地点に位置している承山(しょうざん)です。

そして、老廃物を溜まりにくくするツボはふくらはぎの上部にある承筋(しょうきん)とふくらはぎの真ん中あたりにある承間(しょうかん)の2つがあります。

一日中歩いて疲れてしまったり、むくみがあるときには、膝裏関節にある委中(いちゅう)を刺激して解消しましょう。

こちらの記事も参考にしてみてください!
ふくらはぎの内側にある3つのツボ

セルフマッサージでも効果がない時はカラダファクトリーがおすすめ!

骨盤矯正のカラダファクトリーのオイルトリートメントでは、エステのような感覚で、足の悩みを解決することができます。

初回限定はお得に施術を体験できるので、ぜひ1度足を運んでみてください。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)