肩から腕にかけての痛みを緩和する方法:ストレッチで筋肉のコリをほぐそう!

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

病院に行くほどではないものの、肩の周りから腕に痛みを感じることがあるという方も多いでしょう。

年齢を重ねていくと、どうしても体の節々に痛みを感じやすくなってくるものですが、我慢をし続けると症状が悪化してしまうかもしれません。

肩の痛みや、それに伴う腕の痛みを改善するには、肩の周辺のコリや全身の筋肉をほぐすことが有効です。

そこで今回は、悩む人が多い肩や腕の痛みを改善するためのヨガ・ストレッチについて紹介します。

また、辛い痛みを速攻で解決したい方には、大手整体院の「カラダファクトリー」がおすすめ。体のバランスを理解することから始まり、普段の生活で気をつけるべきアドバイスもしてもらえるので、自分の体を詳しく知ることのできるきっかけになります。

しっかりとした教育がなされたスタッフによる丁寧な施術で、1度の施術で改善の効果を感じ、体が軽くなったという方が多数いらっしゃいます。初回限定でお得な価格で体験できるので、お近くのカラダファクトリーで体の不調を改善してみてはいかがでしょうか?

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

肩こり・腕の痛みに効くヨガとストレッチ

腕から肩まで全体をほぐすヨガと、全身の筋肉をほぐすヨガに加え、伸びのストレッチ・肩を回すストレッチの2つのストレッチを紹介するので、ぜひ試してみてください。

腕から肩まで全体をほぐすヨガ

まず、足は腰幅、腕は肩幅で正しい四つん這いの姿勢になります。次に、左手を伸ばし床につきましょう。

左腕は曲がらないようにピンと伸ばした状態を維持してください。右手は体のバランスが取れるよう、肩幅よりも少し広めにつきます。

右腕は肘から曲げて体を支えましょう。上半身を地面に近く寄せ、左肩を中に入れるようにストレッチします。

このとき、顔は右方向を向くようにしてください。こうすることで、左腕全体と左肩周りの緊張をほぐすことができます。逆も同じように行い、両方の肩周りをストレッチしましょう。

全身の筋肉をほぐすヨガ

まず、背筋を伸ばして立ち、足は大きく開いておきましょう。次に片手を床につきます。

そのままもう片方の手を天井高く伸ばしてください。このとき背筋をのばし、お尻から頭までがまっすぐであることを確認しましょう。

顔は横からひねり天井に向けます。体のねじりを入れたポーズで肩、腕、背面と体全体の緊張をほぐすことができるヨガポーズです。

伸びのストレッチ

右手と左手を絡ませて裏返しにします。そのまま天井の方へ高く持ち上げましょう。このとき伸びの姿勢になるはずです。

肩周りの筋肉をほぐすストレッチなので、痛気持ち良いと感じるくらいにしてみてください。呼吸は浅くならないように注意し、ゆっくりと深い呼吸を心がけましょう。

肩を回してストレッチ

腕を肘から折り曲げて、手が肩に触れる姿勢をとります。そのまま前からゆっくりと肩を回していきましょう。

肩を中心に前へ、上へ、そして後ろへと回していきます。肩のストレッチをしていると意識することで、さらなる効果が期待できるでしょう。

前回しに慣れてきたら次は後ろ回しも行います。肩こりからくる腕全体の痛みに効くストレッチなのでおすすめです。

ストレッチのあとは呼吸を整える

呼吸に合わせて手を下から上へ、そしてまた下へと移動させましょう。ラジオ体操でも行っている深呼吸には、肉体的にはもちろん、精神的にも落ち着く効果があります。

ストレッチのあとに取り入れることで、ストレッチでほぐした効果が長く続くようになるでしょう。深呼吸をするとじんわりと体が温かくなるのを感じられるはずです。

日々のストレッチで肩こりを改善しよう

今回は、肩こりからくる腕の痛みに効果のあるヨガポーズとストレッチについて紹介しました。

誰でも簡単にできるものから、少しハードなストレッチまでありますが、自分に合ったヨガ・ストレッチの方法を選んで試してみてください。

肩や腕は日常生活で比較的痛みを感じやすい部位です。日々時間のあるときにストレッチをして改善していきましょう。