ヨガニドラ-って何?日々のストレスから解放されてリラックスしよう

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

ヨガニドラー(yoga nidra)はヨガの睡眠(yogic sleep)ともいわれる究極の休息の形です。日常生活においてあらゆる刺激にさらされ、私たちは自分が思う以上にストレスを感じています。

ストレスを抱えているときは、ヨガニドラーで心と体を休息させ、次の活動への英気を養いましょう。

また、ヨガスタジオ「ヨガプラス」でも心をリフレッシュさせることができます。「ヨガプラス」の特徴は、心が落ち着く体作りを目的としたヨガを行っていることです。

毎日の会社勤めに疲れた、子育てで休む暇がない、といった方はストレスも溜まりやすくなります。「ヨガプラス」のヨガでストレスを軽減し、より笑顔の多い生活を送りましょう。

ヨガプラスを予約(公式サイト)

ヨガニドラーとは

ヨガニドラーは意識的に睡眠と覚醒の間でまどろむことで副交感神経を活性化し、心身共に深いリラックス効果をもたらしてくれます。

1時間のヨガニドラーによって得られる効果は4時間の睡眠に匹敵するとも言われており、欧米では精神的ストレスから起こる病気に苦しむ元兵士の症状を和らげる方法として注目されているほどです。

効果

ヨガニドラーには、主に3つの効果があると言われています。

まず1つ目は、心と体をリラックスさせるため、ストレスを減らす効果があります。2つ目は、無意識に働きかけることで潜在意識からの改善を促すこと。そして、3つ目は、深い睡眠を得ることができることです。

不眠症で悩んでいたり、仕事などのストレスで体調を崩している人に特におすすめします。潜在意識からの改善では、不安感やマイナス思考などを改善し、日々の生活をより楽しいものにさせます。

ヨガニドラーのための事前準備

ヨガニドラーは音声ガイダンスに従って行うことが推奨されています。ヨガニドラーのための音源を探しておくと良いでしょう。英語音声のものは、Youtubeでも見つけることができます。

まず、何度か深呼吸を行いリラックスした状態を作ります。次に、どんな自分になりたいのか言葉に表したサンカルパと呼ばれる目標を定めましょう。

目標は何でもよく、リラックスして休息を得ることや、自信を持つこと、幸せになることなど決まりはありません。

ヨガニドラーのやりかた

ヨガニドラーでは、神秘的な5つのステップを35分から45分かけて行うことが多いです。5つのステップを時間をかけて追っていくことで、深くリラックスした状態に入っていきます。

一見ヨガニドラーは難しそうですが、実はハードルは高くありません。初心者であっても一連のステップを踏むことで経験豊富な人と同様に深い状態に入ることができます。

①全身に意識を向ける

全身に意識を向ける目的は、体の感覚から心を分離し、潜在意識や無意識へ達するためのゲートを開くことです。

難しく聞こえるかもしれませんが、音声の順序に従って体のパーツに意識を向けることで自然とその状態に達する仕組みになっています。

②深い呼吸を繰り返す

このステップでは、呼吸に意識を向けて行うのがポイントです。胸式呼吸の浅く短い呼吸ではなく、腹式呼吸による深く長い呼吸になるように意識を向けていきましょう。

③感情の意識

ここでは感情に意識を集中させていきます。サンカルパ(自分の願望)を聞いて、自分がどんな感情を持つのか観察していくのがポイントです。

④ヴィジュアライゼーション

このステージではわれわれの精神と行動のパターンとなっている無意識に働きかけていきます。実際の景色のイメージを、心の中で思い描いてください。

深く無意識に根を張っている負の感情を癒やしていくことが重要です。

⑤サンカルパを唱える

最後に、サンカルパを唱え無意識に自分のなりたい姿のイメージを植え付けていきます。そして体へ意識を戻していきましょう。

ヨガで心も健康になろう

ヨガというとダイエット効果などばかりが注目されがちですが、身体的な影響だけでなく精神的な影響も大きく、体と一緒に心も健康になることが可能です。

ヨガスタジオ「ヨガプラス」では、心が落ち着く体作りを目指すマインドフルなヨガを通して、ストレスの多い時代を生きる人々がより幸せを感じられるように手助けをしています。

「ヨガプラス」でストレスを感じにくい体を作って、何かと疲れを感じたり、イライラしてしまうことが多い日々の生活を明るく楽しいものに変えましょう。

ヨガプラスを予約(公式サイト)