筋肉の緊張をリラックスさせる方法:ストレッチで体と目を休ませよう

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

近年では、毎日パソコンやスマートフォンを使っている人はとても多いのではないのでしょうか。特にスマートフォンを長時間使っている方が多くなっています。

しかし、パソコンやスマートフォンを使うときは、長時間同じ姿勢になり筋肉が緊張しているのです。

今回は、筋肉の緊張をリラックスさせる方法を紹介します。

また、セルフマッサージではなくプロの技術で体をほぐしたいという方には「カラダファクトリー」がおすすめです。痛くない気持ちの良いマッサージなので安心してください。

ボディ・フットケアコースでは、一般的なマッサージよりも深いところまで圧を加えてくれるので、体の芯から柔らかくすることができます。ぜひ「カラダファクトリー」で日々の疲れを癒しましょう。

カラダファクトリーの公式ページで詳細をチェックする

なぜ筋肉は緊張するか

筋肉が緊張する原因は、同じ姿勢をとり続けることによって、乳酸などの疲労物質が筋肉に溜まっていくことです。乳酸が筋肉に溜まっていくと、筋肉の血流が悪くなり、筋肉の緊張や凝りの症状が出てきます。

筋肉の緊張を引き起こす原因

同じ姿勢をとり続けるだけではなく、他の原因によっても筋肉の緊張は引き起こされます。原因としては、枕の高さがあっていない、運動不足、ストレスなどが挙げられるでしょう。

筋肉の緊張が悪化すると、うつ病の原因にもなってしまうため、注意が必要です。

意外と気づかない筋肉の緊張

パソコンを使ったあとなどには、肩が凝ることから、自分の筋肉が緊張していることに気づくことが可能です。しかし、自分の気づかない間に筋肉が緊張していることを把握していますか。

スマートフォンで通話中や、メールを打っている時など、力いっぱい受話器や携帯電話を握りしめている方も少なくありません。

また、困ったような、不安そうな顔をしてみましょう。眉間にしわが寄る、肩が上がる、猫背になる…。

当てはまる方は、眉間にある皺眉筋や、首から肩、背中にかけてある僧帽筋(そうぼうきん)が緊張しています。

自分の気づかない間にも筋肉は緊張しているのです。

筋肉の緊張をリラックスさせるには

では、緊張した筋肉をリラックスさせるにはどのような方法があるのでしょうか。

ストレッチ

デスクワークなどで長い時間同じ姿勢をとり続けなくてはならないときは猫背にならないようにしましょう。

そして、少なくとも1時間に1回は立ち上がり、首から肩をゆっくり回すようにストレッチを行うことが大切です。首や肩の血流を促すことで、筋肉の緊張を予防します。

また、体だけでなく、眼も休めなければなりません。眼は、30分~1時間に1度程度、1~2分ほど目を閉じるようにすると効果的です。

横になってストレッチ可能な場合は、床に横向きに寝る、床に指先をつけながら頭の上まで指を滑らせる、横になった足はそのままに、上半身のみ後ろに振り替える、という流れを繰り返しましょう。

肩甲骨の筋肉の緊張にとても効果的です。

お風呂

人間が1日の間に最もリラックスできる時間は、入浴しているときと言われています。

近年、時間がないからと、入浴をシャワーで済ませている方は多いですが、湯船にしっかり浸かり、体を温めることが大切です。

また、水中では体に水圧がかかっているため、湯船に浸かりながら体をマッサージすると、普通にマッサージするよりも効率よく効果が得られるのでオススメです。

漢方薬

CMなどでよく耳にする葛根湯ですが、筋肉の緊張やこわばりを解消してくれます。

また、筋肉の緊張の原因としてストレスがありますが、ストレスが大きい場合には、桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)という漢方がより効果的です。

プロの手で極上の癒しを得よう

セルフケアももちろん重要ですが、やはりプロにマッサージしてもらいたいという方は多いはずです。手軽にマッサージを体験したい方は「カラダファクトリー」はいかがですか。

「カラダファクトリー」のボディ・フットケアコースでは、筋肉や筋膜という体の深いところにまでアプローチしたマッサージを行ってくれるので、体が軽くなったような感覚になります。

毎日の家事や仕事で体がだるいという方、ぜひ「カラダファクトリー」のマッサージで体の奥深くをほぐし、だるさや疲れから解放されてください。

カラダファクトリーの公式ページで詳細をチェックする