腰が痛む原因と対処法4選:簡単にできる腰痛改善ストレッチを紹介

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

若い頃は全く感じなかったのに、最近腰が痛いと感じるようになったという方は多いのではないでしょうか。

腰痛には様々な原因があります。もちろん年齢を重ねるごとに全身の衰えは感じるものですが、それだけではありません。

中でも、腰痛には内臓の病気が隠れていることもあるため注意が必要です。痛みが強かったり、慢性化している場合は病院で検査を受けることをおすすめします。

今回は、日々の習慣が影響している腰痛の原因を紹介していきます。そのうえで対処法を見ていきましょう。ちょっとした時間を使ってできる対処法なので、ぜひ取り入れてみてください。

また、腰痛が起きにくい体づくりには、大手整体院の「カラダファクトリー」が役立ちます。体がなぜ歪んでいるか原因を説明してもらえ、日常生活でのアドバイスももらえるので、普段から気をつけることが可能。

痛みの無い気持ち良い施術を体験してみましょう。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

考えられる腰痛の原因3つ

腰痛と言っても様々な原因が考えられます。日々の悪い姿勢が影響したものや加齢によるものなどが考えられます。

様々な原因から、あなたの腰痛の原因を考えていきましょう。

➀姿勢

1つ目の腰痛の原因は、姿勢です。普段テレビを見る時や、仕事場でデスクワークをする時など、自分がどんな姿勢でいるかを思い出してみてください。

前かがみで猫背になりやすい方は、普段の姿勢が原因で腰痛を引き起こしている場合があります。

悪い姿勢は腰に大きな負担がかかります。普段から腰に負担をかけない正しい姿勢で生活を送ることが第一です。

➁筋肉量

2つ目の腰痛の原因は筋肉量です。体の筋肉量が減ることで腰に負担がかかってしまい、腰痛を感じやすくなります。

若い頃は何もしなくても体が元気なのですが、年齢を重ねるごとに筋肉量は減少していくものです。

年齢が上がれば上がるほど意識的に運動をするなどして、筋肉量を増やす必要があります。

➂過度な運動

3つ目の腰痛の原因は過度な運動です。今まであまり運動をしていなかった方が急に過度な運動をすると腰痛が起こる場合があります。

また、いきなり重い荷物を持ち上げた時や、急に激しいスポーツを始めた時などに、腰に大きな負担がかかり腰痛となってしまうこともあります。

腰に負担とならないよう、準備運動やストレッチをしっかり行い、自分の体に合ったペースで運動し日々気をつけていきましょう。

腰痛の対処法4つ

それぞれの原因にあった対処法について紹介していきます。毎日の生活で行う行動の一つ一つに腰痛の原因があるかもしれません。

まずは生活習慣を見直し、腰痛の原因にあった方法で少しずつ改善していきましょう。

➀日常を振り返ってみよう

腰痛の主な原因の1つが、生活習慣です。まずは正しい姿勢を意識しながら過ごしてみましょう。

他には、足に合わない靴を履いて長時間歩き続けたり、仕事などの関係で長時間座りっぱなしの状態は注意が必要です。普段行っている行動の一つ一つが腰に悪い影響を及ぼしている場合が多くあります。

足に合ったサイズの靴を履く、仕事中にストレッチをするなど小さな行動から始めましょう。

今一度自分の生活習慣を見直し、できることから改善していくことが腰痛改善で一番大切なことなのです。

➁1日5分のストレッチで筋肉量を増やそう

1日5分だけでできるストレッチ方法を紹介します。

まず、立った状態から手を足の前につき、徐々に前へと歩かせていきましょう。足は自然と前に倒していきますが、膝はつかないように注意です。

手を前に倒していったらゆっくりと肘から曲げ腕立て伏せの姿勢をつくりましょう。そのあとゆっくりと膝をつき、肘を伸ばし状態を上に反ります。

毎日継続することで、筋力アップしましょう。

➁体を温める

体の冷えが原因で血行が悪くなり腰痛を引き起こすことがあります。

お風呂やサウナに入って、体全体の温度を上げてみましょう。ドライヤーやカイロなどを使って、部分的に温めることも効果的です。

また温めながらマッサージなどを行うと、マッサージの効果をさらに高めることができます。

➂マッサージをする

コリが原因で腰痛を引き起こす場合があります。マッサージしてあげることでコリが少しずつとれて、血流も良くなっていくのです。

また、腰以外にもお尻やお腹など腰回り全体をマッサージすることで、腰痛改善に効果がある場合があります。