ふくらはぎがだるいときに効果的なツボ3選:血行を改善したい方は必見!

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

ふくらはぎがだるいと感じることがありませんか。ふくらはぎがだるいと感じる原因には、ふくらはぎの血行の悪化が挙げられます。

ふくらはぎのだるさやふくらはぎの血行改善は、ツボ押しが有効です。今回は、血行を改善するツボを3つ紹介します。ふくらはぎのだるさの改善だけでなく、便秘の改善や足痩せなどにも効果があるのでぜひ試してみてください。

また、プロの施術によって脚の不調を改善してもらうことも、効率が良いのでおすすめ。整体院の「カラダファクトリー」にある、脚のラインをメンテナンスするコースは、仕事などで足に疲れを感じやすい方に人気となっています。

脚のだるさが解消され、全身も軽くなったという声が多数寄せられています。まずはお近くのカラダファクトリーで、お得にふくらはぎのだるさを体験してみませんか?

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

ふくらはぎがだるくなる理由

ふくらはぎがだるくなる根本的な理由は、血行が悪くなることだといわれています。

しかし、他にもスポーツなどで体を使った運動による筋肉の疲れ、脳の使いすぎによる精神的な疲れ、体を動かさないことからくる血行不良、ストレスや不規則な生活習慣による自律神経の乱れ、栄養失調なども挙げられます。

つまり、ふくらはぎのだるさには、日常生活の過ごし方が深く関わってくるということです。

ふくらはぎのだるさを緩和するためのツボ

ふくらはぎのだるさと血行は、特定のツボを押すことで改善する効果が期待できます。これからふくらはぎのだるさに効果的なツボを3つ紹介するので、ぜひ自分に合ったツボ選びの参考にしてみてください。

ふくらはぎの内側にあるツボ3選

ツボ➀足三里(あしさんり)

足三里は長生きのツボといわれています。また、刺激するとふくらはぎの脱力感やだるさがとれて、心身ともに活力が湧いてくるようになるでしょう。足三里は、ひざの下のへこみから指4本分下の方向に存在します。

椅子に座って親指を足三里にあて、残りの指をふくらはぎに添えた状態で約2、3分ほど強めに押しましょう。

ツボ➁湧泉(ゆうせん)

湧泉は体力・気力を高めることができる力の泉といわれています。刺激すれば疲労感や倦怠感が消え、やる気が湧いてくる効果が得られるでしょう。

湧泉は、足の裏の真ん中より少し上、足の指を曲げたときにくぼむところに存在します。

湧泉はどうやって押せばいいのかというと、両手の親指それぞれを重ねてそれらを湧泉にあてましょう。次に、残りの指を足の甲に添えて足の先のほうに押し出すように強めに押してもみます。

また、ゴルフボールなどの固いボール状のものを用いて、湧泉のうえで転がしても効果的です。

ツボ➂承山(しょうざん)

承山は主に便秘、脚気、鼻血、てんかん、腹痛に効果があるツボといわれています。また、足のむくみや疲れをとったり、足痩せの効果も得られるでしょう。

承山は、ふくらはぎの真ん中の直線上で、膝裏とくるぶしの間の中心付近にあります。全体的にマッサージをしても良いのですが、市販されている貼るタイプの鍼や磁石を貼っておくのも効果的です。

とくに立ち仕事をしている方や、激しい運動をしている方の疲労回復に効果的なツボなので、ぜひ試してみてください。

効率よくだるさを解消したい方は、カラダファクトリーで解消しましょう!

カラダファクトリーを予約(公式サイト)