背中のコリに効くストレッチ5選:デスクワークで疲れた体をリフレッシュ!

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

現代人は、日々背中が凝りやすい環境にさらされています。パソコンやスマートフォンなどの電子機器の使用であったり、デスクワークやストレス、運動不足や食事の生活習慣など、数えたらキリがありません。

背中のコリを我慢したり、放置しておくのはとても辛いものです。今回は、症状を自分で和らげるために自宅で簡単にでき、コリに効くストレッチを紹介します。

ぜひ今回紹介するストレッチを習慣にして、辛い背中のコリを解消してください。

また、プロの手で背中のコリを解消するのも1つの方法です。全国展開している整体院、カラダファクトリーでは、体の悩みに合わせて豊富な施術コースが揃っています。

ボディケアコースでは、張ってしまった筋肉にアプローチし、丁寧にほぐしていくことで、全身の重さ・だるさを解消できます。1度の施術で効果が現れる点が人気です。あなたもカラダファクトリーで、体を労わりませんか?

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

背中のコリに効く5つのストレッチ

ここでは、背中のコリを解消するストレッチを紹介します。タオルがあれば簡単にできるストレッチや、立った状態、座った状態、仰向けになった状態など、さまざまな場面で行えるストレッチばかりです。

①タオルを使ったストレッチ

家にあるフェイスタオルで手軽にできるストレッチを紹介します。まず、タオルの端と端を両手で掴み、そのまま頭上まで持っていき左右の手でひっぱります。

ゆっくりと左右にゆらゆら揺れると背中のストレッチに最適です。腰からゆっくりと揺れることによって背骨も動き、ストレッチ効果も高まります。

②タオルを使ったストレッチ2

引き続きフェイスタオルを使ったストレッチです。タオルの端と端を両手で掴んだら、そのまま頭上まで上げ、左右に引っ張りながらゆっくり後ろに倒していきましょう。

腕の付け根のリンパに刺激が与えられます。このリンパを刺激することによって血流が良くなり、背中のコリ解消に効果を感じられるでしょう。

ストレッチ中は無理して後ろに倒しすぎず、痛気持ちいいところで止めてからゆっくり呼吸をしてください。

そうするとじんわり腕の付け根がほぐれいくので、もう少し倒せるようであれば倒して、さらにリンパに刺激を与えましょう。このとき胸も開くので、猫背の人にもおすすめです。

③立ったまま行うストレッチ

まず真っすぐに姿勢をよくして立ちます。そのまま手を後ろで組み、少しづつ両手を上に持ち上げていき、肩甲骨を寄せるように意識をして上げていきましょう。痛気持ちいいなと思うところでストップします。

ゆっくりと呼吸をしながら、徐々に両手をおろしてください。そのとき、できるだけ両手を遠くに伸ばすようにおろしていくと、肩甲骨から腕の付け根が伸びるので、より効果を感じることができるでしょう。

④座って行うストレッチ

あぐらをかいて座ります。背すじをまっすぐに伸ばした状態で左手を体の斜め後ろに置き、右手は左膝へ置いてください。腰から体を左へひねり、目線は左斜め後ろへ。これは背中にひねりが入る背中全体のストレッチです。

右側も同様に行ってください。急にひねると体を痛める危険があるので、慣れるまではゆっくり行うことを意識してみましょう。

⑤仰向けになって行うストレッチ

まっすぐ仰向けに寝ころび、右膝を曲げて左側に倒します。このとき、右膝が直角になるように腰からひねって倒してください。できるだけ右膝を床に近づけるように、左手で右膝を押すようにしましょう。

このストレッチも背中にひねりが入り全体のストレッチになります。座って行うストレッチと同様に、急にひねらずゆっくりと行ってください。

このストレッチは布団やマットレスの上でも行えますが、ひねりが浅くストレッチ効果が減ってしまうので、床の上や絨毯の上で行うようにしましょう。

また、ヨガやピラティスもストレッチに適しています。カルドは全国にスタジオを持つ、ヨガ・ピラティススタジオです。

ホットヨガで体を動かす・伸ばすことで、体内の水分や毒素が排出され、美肌効果が望める他、インナーマッスルを鍛えながら身体のゆがみも整えることで、代謝を上げ、太りにくいしなやかなカラダを作ることができます。

背中のコリを取りながら美しい体形を手に入れませんか?

カルドを予約(公式サイト)