快適な睡眠を導くリラックス法6選:癒される音楽も効果的

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

仕事のことを考えて眠れないなど、不眠で悩んでいる方はいませんか。睡眠不足は、心身ともに様々な不調を引き起こす可能性があります。

しかし、睡眠前にリラックスできる工夫をすることで、不眠が解消されるかもしれません。

今回は、しっかりと熟睡するためのリラックス方法を6つ紹介するので、眠れないという方や眠りが浅いと感じる方は試してみてください。

また、プロの力で睡眠の問題を改善したい方には、カラダファクトリーという整体院もおすすめです。

熟睡感がない、夜中起きてしまうといった悩みに対し、快眠整体コースでは首、肩、腰を中心とした疲労などの不調を改善するとともに、腸もみによって自律神経のバランスを整え、睡眠物質であるメラトニンを分泌させやすい腸内環境を促します。

睡眠に関する不調や悩みの改善も同時に行える施術を受けてみませんか?

カラダファクトリーの公式サイトで詳細をチェック

快眠リラックス法➀睡眠前にハーブティーを飲む

ハーブティーにはカフェインが入っていません。体を温かくしてくれるだけでなく、不安な気持ちを和らげる効果もあるので、快適な睡眠につながるでしょう。

なかでもカモミールティーは、ハーブティー初心者の人でも飲みやすいのでおすすめです。

快眠リラックス法➁寝る1時間前には明るい光を避ける

日頃パソコンやスマートフォンを使う機会は多いと思いますが、これらの機器が発するブルーライトと呼ばれる光は安眠を妨害してしまいます。

しっかりと熟睡するためには、ベッドに入る1時間前にはスマートフォンの電源を切って、リラックスタイムにするのがおすすめです。

また、このタイミングで部屋の照明を暗くすることで、より深い眠りにつくことができるでしょう。

快眠リラックス法➂寝る前にアロマやリネンスプレーでリラックスする

眠る前には毎晩アロマやリネンスプレーを使用するのも効果的です。

ポイントは継続することですが、毎日眠る前に同じ香りを嗅ぐことで、脳がこれから眠りにつくということを覚えてくれるといわれています。

また、出張先や旅行先に同じ香りがするものを持って行くのもおすすめです。自宅にいるときと同じ気分になれるので、どこでも安心して熟睡することができるでしょう。

とくにラベンダーの香りは自律神経を整え、心配な気持ちなどを和らげる効果があるのでおすすめです。

快眠リラックス法➃ベッドに入る前にリラックスできる音楽を聴く

滝や川の流れる音など、自然の音は安心感を与えてくれます。リラックスできる音楽を聴くと、脳波がα波に変わるため入眠しやすい状態になるでしょう。

最近ではネットやアプリでも簡単に聴くことができるので、聴覚からもリラックスしてみてはいかがでしょうか。

快眠リラックス法➄深部体温を下げる

深部体温とは、内臓の温度のことです。耳から上を冷やして、内臓の一部である脳の温度を下げると良く寝付けます。

または、足首を温めて汗をかくことで内臓の温度を冷やすのも効果的です。しかし、表面体温が冷えると深部体温は上がってしまうので、体は冷やさないようにしましょう。

快眠リラックス法➅枕を見直してみる

使っている寝具のなかでもとくに枕は、体に合ったものを使うことが重要です。

体に合わない枕を使って毎日6〜8時間寝ていると、首や肩こりの原因になってしまいます。

とくに、痩せ型で体の厚さが薄い人は、一般の枕だと高すぎる傾向にあるそうです。そんなときはタオルを枕がわりにして、自分に合った高さに調節するのも良いでしょう。

リラックスして睡眠の悩みから解放されよう

熟睡するメリットは、健康面だけではなく、日中の仕事のパフォーマンスの上昇にもつながるなど、さまざまな良い影響を与えてくれることです。

朝起きてからぼーっとしてしまう人や、なんとなく疲れがとれないという人は、熟睡するために今回紹介したような方法を実践してみてはいかがでしょうか?

まずは枕を見直したり、音楽を聞いてみたりするなど、始めやすいものから試してみてください。

プロの手で、快眠を手に入れたい方には「カラダファクトリー」がオススメ。快眠整体コースでは、腸揉みによって自律神経のバランスが整います。

その結果、睡眠物質を分泌させやすい腸内環境になり、睡眠で悩まされることはなくなるでしょう。気になった方は、公式サイトから詳細をチェックしてみてください。

公式サイト:カラダファクトリー