便秘とむくみの原因とは?解消におすすめの食べ物と漢方を紹介

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

便秘やむくみから、お通じがない日が続くとお腹が張り、足はむくんで重たく感じると悩んでいる人も多いのではないでしょうか。今回は、便秘とむくみのメカニズムと、解消におすすめな食べ物、サプリ、漢方、運動法を紹介します。便秘による体重の増加や、むくみで顔や足がパンパンになるといった悩みから解放されて、毎日の生活をスッキリさせましょう。

便秘とむくみの関係性

便秘になることで体内に溜まった便が、スカトールやインドールという悪臭の腐敗ガスを排出します。この充満した腐敗ガスが、下腹部の静脈やリンパ管を圧迫することで、リンパや静脈がリンパ管を圧迫されると血液の流れが停滞し、むくみが発生するのです。

腐敗ガスは、およそ3日間便が排出されないと発生されます。最悪の場合、腐敗ガスの圧迫によって腹痛や腰痛が生じてしまうことがあるので、実は放っておくと怖いガスなのです。

便秘とむくみを同時に改善しよう!

ガスの圧迫によって、腹痛や腰痛が生じてしまう前に、便秘とむくみを解消しましょう。便秘とむくみの問題を解消するためには、生活習慣を見直すことが重要です。改善するための方法として、食べ物、漢方、運動という3つのポイントから具体的に紹介します。

1.マグネシウムとカリウムを含んだ食べ物を摂る

便秘とむくみに悩んでいる人は、辛いもの、脂っこいもの、塩辛いものを控え、マグネシウムとカリウムを含んだ食材を摂りましょう。マグネシウムは水分を腸内に吸収させて、便を柔らかくしてくれる効果があります。また、カリウムは体内の塩分濃度を下げて尿として排出させてくれる役割も。

辛いもの、脂っこいもの、塩辛いものを多く摂りすぎると、体液の濃度が上がってしまいリンパ管の中が詰まりやすくなってしまう恐れがあります。

また、便秘とむくみの解消に効果的な食材は、納豆、アボカド、バナナです。1度にたくさんの量を摂るのではなく、納豆を3日に1回、アボカド1/2個、バナナを1日1本を目安に摂取するのが良いでしょう。

2.サプリメントや漢方薬で乳酸菌を摂取する

便秘に効果があるのは、乳酸菌です。乳酸菌といえばヨーグルトで有名ですが、最近は手軽さからサプリメントで摂る人も増えています。乳酸菌と言っても、ビフィズス菌、ラブレ菌など多くあるので、自分の腸内環境にあった乳酸菌を選ぶようにしてください。

また、むくみや便秘に効果のある漢方は、防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)、調胃承気湯(ちょういじょうきとう)などです。漢方は、その人の体質によって合う漢方が異なります。漢方薬局を訪ねて、自分の体質に合った漢方を処方してもらいましょう。

3.運動で便秘やむくみを改善しよう

運動不足も便秘を引き起こす原因になります。このときに腸の動きを活発にして、溜まっている便を外へ押し出すよう働きかけることがポイントです。ここでは、便秘に効果のあるヨガのねじりのポーズを紹介します。

まず、両膝を立てて座り、右足を倒して膝が前を向くようにしてください。反対の左足を立てた状態にして、右手で左足を支えましょう。このとき、お腹と太ももを引き寄せるようにして膝を上に向けます。両方のお尻が床から浮かないように注意してください。

左手を後ろに回して下ろし、体を支えながら上体を真っ直ぐに立てます。息を吐きながら上体を左へゆっくりひねり、腰が丸まらないように注意しながらお腹を真っ直ぐ上に伸ばしましょう。この状態でゆっくりお腹を膨らませるように息を吸い、お腹を凹ませながら息を吐く腹式呼吸を続けます。5〜10呼吸キープしたら、反対側も同様に行ってください。

ヨガをあまりしたことがなく、しっかり効果が得られるのかが不安な人にはヨガスタジオのカルドがおすすめ。ヨガスタジオのカルドには、初心者向けのレッスンが豊富に行われているので、初めてでも安心です。

ホットヨガのクラスでは、温かい空間でポーズを取っていくことで、筋肉が柔らかくなるので、体が硬い方でも怪我をする心配もありません。体験レッスンは980円で、ウェアもレンタルできるのでお手軽。気になった方は早速予約してみましょう。

カルドを予約(公式サイト)