専門家による記事

ヨガインストラクターが教える!生理中に行うヨガの注意点とポーズ

杏樹
記事の著者:杏樹

私がもっとも女性の生徒さんから質問をいただくものは、生理中のヨガについてです。「生理中、ヨガをしても大丈夫ですか?」、「このポーズは大丈夫でしょうか?」などなど、女性が日々付き合っていく生理ですから、当然と言えば当然の話。

生理の期間や生理痛の痛み、経血量は人によってさまざまですが、実はヨガを行うことで、生理痛を和らげてくれたり、ホルモンバランスを整えてくれたり、さらには、むくみの改善にも効果的なポーズがあるのです。

そこで、今回は「生理とヨガ」をテーマに、生理中にヨガを行うときの注意点と、生理中のおすすめポーズ、控えた方がよいポーズをご紹介していきます。

生理中のヨガの注意点

身体を締め付けるヨガウエアを着ないことが1番大切です。タイトなヨガウエアを着て行うと腰回りの血流を妨げ、酸素と栄養素不足で子宮の機能が低下し、生理痛が悪化する場合があります。

生理中にヨガをする場合は、無理をしないこともポイントです。生理中は、ゆったりとしたウェアや自宅着で行なってください。

生理中のおすすめポーズ

生理中、身体が重くなったり腰痛や頭痛が起こることがあるでしょう。これは身体が休養を求めているサインである場合が多いのです。このような時に、無理してハードなポーズをとると、さらなる不調を引き起こしてしまいます。

そこで、胸を開いて深呼吸するポーズや、お腹をひろげるポーズなど、リラックス系のポーズがおすすめ。その中でも、特におすすめのポーズのやり方を3つご紹介します。

太鼓橋のポーズ

①仰向けになり、足を肩幅に広げます。

②膝を曲げて、腰をまっすぐに持ち上げてください。両手は体の横に置くか、肩甲骨を寄せてお尻の下で組みましょう。

横たわった合せきのポーズ

①仰向けの姿勢になり、膝を立てます。

②膝を開きながら左右の足の裏同士を合わせ、開きましょう。この時に、腰を反らせないようにしてください。

③両腕を頭上に伸ばし、手のひらを天井に向けましょう。

横たわった英雄のポーズ

①正座の状態から、両足を外側に開いて、座骨がかかとの間に入るように座ってください。

②両手を後ろについて、息を吸いながらゆっくり身体を倒して、仰向けの状態になります。この時に、できるだけ膝同士をつけてあげましょう。両手は体の側面に沿って伸ばすか、頭上に伸ばし手のひらを天井に向けてもどちらでもよいです。反り腰になりやすいので注意してください。

このように、生理中は身体が心地いいなと感じ、深呼吸しやすいリラックスを中心としたポーズを行うようにしましょう。

生理中に控えた方が良いポーズ

生理中に控えた方が良いポーズとして、逆転のポーズが挙げられます。足を天井に向け身体を逆にするような逆転ポーズを行うと、生理中の経血の流れに逆らい、阻害してしまうことがあるので注意が必要です。生理は、体の中にある悪いものを外に排出するデトックスタイムでもあるので、自然な流れに身を任せましょう。

さらに、逆転のポーズは他のポーズと比べてかなり体力を使うので、生理中の大切なエネルギーをできるだけ使用せず、体力キープを心掛けましょう。また同じように、腹部を圧迫するようなポーズや、ねじりの強いポーズは、内臓に強い刺激を与えるので控えましょう。

ちょっと憂鬱な生理ですが、身体の声をよく聞いて、心と身体が安らぐリラックスタイムとしてください。普段よりも深呼吸と瞑想を中心としたカリキュラムとし、身体と心の調和期間なので「動」ではなく「静」、「外」ではなく「内」となるよう心掛けましょう。

生理中は、内面を静かにメンテナンスする期間として最適です。自分自身の心と身体のバランスをはかり、幸せを感じながら、調和とリラックスに集中してみてくださいね。

この記事の執筆者・監修者

杏樹

杏樹

「バランシス」インストラクター 。 「バランシス」とは、ヨガ・ピラティス・ストレッチ・太極拳などのポージングをベースに、メンタルや食事など、内面的要素も同時に取り入れ、精神と身体の調和を維持する美と健康の総合バランスラボです。美や健康は、片側だけ取り入れても一時的な表面性しか生まれません。動き・食・精神の調和とバランスの中心点を見つけだすことが、真の美と健康の維持であるとバランシスでは考えています。あなたに合ったベストバランスポイントを一緒に探求してみませんか? 【Instagram】ANJU