リンパ詰まりの原因と予防法:マッサージで老廃物を流そう!

記事の著者:リラクゼーション・ラボ編集部

リンパとは、血しょうという成分が血管の外に染みだしたものです。老廃物の排出、ウィルスや細菌から体を守る免疫の働きなど、健康な毎日を送るために大切な役割を担っています。

うまく流れないと体に不調が出てしまうこともあるので注意が必要です。今回は、リンパが詰まる原因と症状、予防法についてご紹介します。

リンパをうまく流すためには、プロによる施術が即効性もあるのでおすすめ。大手整体サロンのカラダファクトリーではマッサージのコースもあり、立ちっぱなしで足が重く、パンパンといった悩みを持った人も多く訪れています。

カラダファクトリーでは不調を根本から解消することができるので、症状に悩まされない体になることができます。公式サイトから予約するとお得に受けられるコースもあるので、ぜひチェックしてみてください。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

リンパが詰まる原因

リンパは、老廃物や細菌などの体にとって不要なものを除去する働きをしており、血液と同じような成分で構成されるアルカリ性の黄色い液体です。

血液は心臓がポンプの役割を果たして全身に運ばれますが、リンパは筋肉の収縮によって流れる仕組みになっています。そのため、ずっと同じ姿勢のままでいたり、運動不足になるとリンパがうまく流れなくなるので、運動不足がリンパの詰まる大きな原因です。

とくに注意したいのが、リンパ節にリンパが詰まってしまうこと。リンパ節とは、リンパ管の中にある1~25ミリ程度のコブのような節で、体全体では800個程度あると言われています。

リンパ節は、病気が体に広がらないように食い止める役目を担っている大切な器官です。リンパ節のリンパが詰まると、たちまち体の抵抗力が落ちてしまうので注意しましょう。

リンパ詰まりによる症状

リンパは体中に張りめぐらされたリンパ管を通って全身に流れています。リンパがうまく流れないことで起こる症状は、体がむくんだり、疲れやすくなったり、風邪を引きやすくなったりといった症状。

喉から細菌に感染したり、肩が痛くなったりするといった症状も出てきます。日々なんとなく感じる不調は、実はリンパがつまっていることが原因というケースが多々あるので気をつけましょう。

リンパ詰まりの予防法

リンパが詰まらないようにするためには、体をよく動かし、筋肉をつけることが挙げられます。また、リンパ節に向かって行うマッサージなども効果的です。

リンパマッサージを行う場合は、リンパ節がある首、鎖骨のくぼみのあたり、ひじ、指先、脇、お腹、足首、ひざ、ふとももの付け根を、リンパの流れに沿って、脇と太ももの付け根に向かってマッサージしましょう。

老廃物はリンパ節から心臓に向かって排出されるため、手でリンパの流れを補助してあげるマッサージは効果的です。

マッサージでリンパを効果的に流す!

効果をさらに高めるためには、マッサージジェルの使用をおすすめします。するりら小町は、5種類のオーガニックオイルを配合した新感覚のマッサージジェルです。

これはオイルとジェルの良いとこどりしたものになっているため、クリームのベタベタ感が苦手な方でも、ストレスなく使用できます。

するりら小町を購入(公式サイト)

リンパの詰まりが気になる方は、プロの施術を受けてみるのも良いでしょう。カラダファクトリーという整体院では、リンパドレナージュというコースも選択できます。

フットケアコースでは足裏を刺激することで、全身の老廃物を流し、体を軽くすることができると評判です。全国展開していて、整体院に行ったことがない方の満足度も高い整体院なので、気軽に行ってみてはいかがでしょうか。詳細は公式サイトからチェックしてください。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

ストレッチやマッサージを取り入れよう

リンパの流れについて、日ごろ意識することは少ないのではないでしょうか。なんとなくだるい、体が重いといった不調を感じる場合は、リンパがうまく流れていないことが原因の可能性が大きいです。

年齢を取るとどうしても筋力が衰えてきてしまいます。50歳からは10年で15パーセントずつ減少してしまうとも言われます。必然的にリンパの流れも悪くなってしまうため、日々意識してストレッチやマッサージを取り入れたいものです。

その反面、筋肉は90歳になっても鍛えられるという嬉しいニュースもあります。リンパの流れを良くして、毎日を快適に過ごしましょう。