お風呂マッサージでむくみ解消とデトックス。ダイエットにも効果的な方法とは?

お風呂マッサージでむくみ解消とデトックス。ダイエットにも効果的な方法とは?

RELAX LAB編集部
公開, 更新 ,

マッサージは、体内で滞ったリンパや血液、水分を流すために効果的。いつでもおこなえますが、体が温まり流れが促進されている、お風呂の時間に入浴しながらマッサージをおこなうのがおすすめです。入浴中にはなにもせずリラックスしたい人は、入浴後でも問題ありません。

入浴しながらおこなうと、摩擦も少なく肌への負担も減らせるのがメリット。リラックス効果も上がるので、入浴時の一工夫として取り入れてみましょう。

お風呂でできるマッサージには、一体どのような方法があるのでしょうか?

お風呂でマッサージをすると効果がより期待できる

お風呂に入りながらのマッサージは、ただマッサージをするよりも効果が期待できます。体を温め、血流を促進させている状態でマッサージをおこなうと、より効果的。滞っているリンパもしっかりと流れるようになるため、むくみの解消につながります。

また代謝も上がりやすくなるため、太りにくい体質を目指すことも可能。ポイントは、リンパ節を意識しながらマッサージすることです。リンパ節は、体に滞っている老廃物をろ過し、体内の水分バランスなどを整える働きを担っています。

リンパ節の場所を覚えておこう

体にあるリンパ節はいくつかありますが、とくに首・鎖骨・わき・腹部・足の付根・ひざの裏にあるリンパをマッサージと同時に刺激しましょう。

首や鎖骨は顔、わきは腕、足の付根は下半身全体、ひざの裏はふくらはぎのむくみ解消に効果的です。腹部のリンパは、お腹まわりのむくみだけでなく、便秘がちな人も積極的に刺激するのがおすすめ。リンパの流れが良くなると女性特有の悩みを改善する期待もできます。

お風呂でできるおすすめマッサージ

マッサージは、各リンパ節に向かって押し流すように刺激するのがポイント。その後、リンパ節をゆっくりと押し込んで刺激を与えるとより効果的です。

また、入浴前にはしっかりと水分補給をしておきましょう。常温の水をコップ1杯飲んでおくのがおすすめ。入浴中に水を飲みながらおこなっても問題ありません。

鎖骨のマッサージ

鎖骨のくぼみがある上側を外から体の中心に向かうようにさすります。そのあと、鎖骨の下側を中心からわきのリンパ節へ向かうようにさすってください。

上下5回ずつを5セットほど繰り返しおこないましょう。

首のマッサージ

耳の下、耳たぶの後ろから肩へ向かうように指の腹でさすってください。次に、耳の下から鎖骨のくぼみを通り、体の中心に向かうようさすりましょう。

左右5回ずつ、5セット繰り返しおこないます。

二の腕のマッサージ

左右片方ずつおこないます。まずわきの下をもみほぐすように押しましょう。次に、指先から腕、わきの下までを流すように5回ほどさすってください。そのあと手首を握り、痛くない程度に軽くねじりながら、肩のほうまで移動します。5回ほど繰り返しましょう。

最後は、拳を作り指の第二関節で手首からわきへ向かって優しく流していきます。両腕2セットずつおこないましょう。

お腹のマッサージ

まずはお腹をつまんで離す、を繰り返しおこないます。つかみにくい場合は、やや前かがみになりましょう。お腹の緊張をもみほぐします。その後、おへそあたりから足の付根に向かってさすりましょう。優しくなでるようにおこなってください。

左・中央・右と部位を分け、それぞれを5回ずつさすりましょう。

脚のマッサージ

まず、足の付け根にあるリンパをほぐします。やや強めにさすりましょう。10往復程度が目安です。次に太もも内側の肉をつかみ、下へ向かって引っ張るように離すを繰り返しましょう。左右10回ずつおこないます。

そのあと、両手で雑巾絞りのようにしながら太ももをねじりましょう。ひざから足の付け根に向かっておこないます。3往復が目安。つぎに、ひざから足の付け根に向かってなでるようにさすります。10回程度おこなったら終了です。