リラックスラボは、身体の調子を整える人のためのメディアです。
    夏の不調は、簡単なリンパマッサージで解消しよう。おすすめの方法とは?

夏の不調は、簡単なリンパマッサージで解消しよう。おすすめの方法とは?

RELAX LAB編集部
公開, 更新 ,

暑い日が続く夏は、気温の変化によって体調を崩しやすい時期。また暑さによって食事が思うように取れなくなったり、冷房によって体にこりが起こりやすく、不調に悩む人も多いはず。不調を改善するためには、血液やリンパといった体の循環を良くするマッサージが効果的。日々の生活に手軽に取り入れられて、習慣的におこなえるマッサージで夏を乗り切りましょう。

また夏は、紫外線や冷房などによって、肌が乾燥している状態。薄着になる季節でもあるため、マッサージオイルやクリームなどを使用しながら、肌のケアもしていくのがおすすめです。しっかりとケアすると、日焼け予防にも効果的です。

夏の不調にはマッサージ

夏の不調改善には、運動だけでなくマッサージも効果的。血液やリンパをしっかりと流すと、体の不調が徐々に緩和します

夏は、外気の暑さや室内の冷房など、変わりやすい気温で体の不調が起こりやすい時期です。とくに冷房による冷えに要注意。体が冷えると血液やリンパの流れが滞り、老廃物が溜まってしまいやすく、むくみや免疫力の低下を招く可能性が高くなります。

また女性の場合は、男性と比べて筋肉量が少ないこともあり、冷えると血行不良になりやすいといった特徴も。血流が悪くなると、代謝も落ち太りやすくなってしまうため、簡単に体の巡りを良くするマッサージを習慣にしましょう。

不調を改善するマッサージは、リンパを意識

全身にあるリンパ節のなかでとくに重要なのは、鎖骨・耳の付け根・首の付け根・わきの下・腹部・脚の付け根・ひざ裏の7つ。リンパ節に近い部位のむくみや不調改善に効果的です。各部位のマッサージをするときは、7つのリンパ節へ向かってマッサージをしましょう。

おすすめのマッサージ法

夏の不調を改善するためのマッサージは、リンパをしっかりと流す方法がおすすめ。リンパ節に向かって流すと、滞っていた老廃物が流れ、排出されます。

基本となる鎖骨〜わきの下リンパマッサージ

まずは、鎖骨・耳の付け根・わきの下にあるリンパ節へ流す方法です。

まず、鎖骨上部に人差し指〜薬指の3本を置き、ゆっくりと3秒数えながら押し、3秒数えながら離します。内から外へ、少しずつ位置を変えてずらしながら押していきましょう。次に軽くこぶしを作り、小さく円を描きながら耳の後ろから鎖骨へ向かって流します。

その後手のひらを使って、右の鎖骨下部にあるくぼみから左わきの下へ向かってさすってください。反対も同様におこないましょう。最後に、親指以外の4本を使い、わきの下前側を揉むようにほぐします。わきの下後ろ側も親指を使ってほぐしましょう。

基本となる腹部〜脚のリンパマッサージ

次に、腹部〜脚のマッサージです。お腹の下に両手を重ねて当てます。お腹が温かく感じるまで、時計回りにまわしましょう。大きくゆっくりと動かすのがポイントです。手のひらはしっかりと密着させ、血液とリンパを流しましょう。

腰に手を当て、腰骨上部のこりをほぐすようなイメージで小さく円を描きながらもみほぐします。

次に、内・外側のくるぶしを一緒にほぐしてください。円を描きながら、少し強い力で下から上に向かってマッサージします。その後、足首からひざの裏に向かってさすってください。力は弱めず、リンパをしっかりと流すイメージでおこないましょう。

最後に、ひざから脚の付け根に向かって流します。太もも前方・後方・側面と3つに分けて全体的に流すようにさすってください。しっかりとリンパを流すように、強い力でさするのがポイントです。