鎖骨をマッサージして、美容と健康を手に入れよう。おすすめの方法とは?

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 身体の部位別マッサージの方法

鎖骨は、思っているよりも疲れが溜まりやすい部位。疲労が溜まって血行不良になり、代謝が悪くなると、リンパも滞るため肩こりや顔のむくみを引き起こしてしまう場合があります。鎖骨周辺をほぐすためには、リンパの流れを意識したマッサージがおすすめ。

簡単に取り入れられるマッサージは、肩こりやむくみの改善に効果があるだけでなく、美しいデコルテを作ることも可能です。健康だけでなく、美容にもメリットが大きい鎖骨のマッサージをおこなってみましょう。

鎖骨マッサージには、一体どのような方法があるのでしょうか?

鎖骨マッサージは、健康と美容に効果的

体のなかでも重要となるリンパ節がある鎖骨は、日頃の癖や姿勢の悪さから歪みが生じ、血行不良になりやすい部位です。鎖骨の歪みは、肩こりや顔のむくみといった症状を引き起こす原因の1つです。

マッサージで鎖骨をほぐし、リンパの流れを良くすると、むくみの解消に効果的です。鎖骨をマッサージするだけで、小顔を目指せるといったメリットもあります。

また、鎖骨をほぐすと肩こり改善の効果も。マッサージだけでは難しいですが、こりがほぐれて痛みの緩和にもつながり、姿勢改善もしやすくなるため、日常の何気ない癖を見直すことも可能です。

おすすめのマッサージ方法とは?

マッサージは、適度な力を入れておこないましょう。やや痛みを感じる程度が最適です。

鎖骨にあるリンパ節へしっかりと流すためには、鎖骨周辺のこりをほぐすことも大事。鎖骨のマッサージをする前には、胸まわりをほぐすことから始めましょう。

胸の近く、腕の付け根を親指を使って左右片方ずつほぐします。ゴリゴリと感じる場所があれば、ほぐすようにマッサージしてください。

リンパをスムーズに流すマッサージ

こぶしを作り、鎖骨下部に関節が当たるように置きます。内側から外側へ向かって、小さく円を描くようにイメージしながらマッサージしましょう。こりをほぐすようにおこないます。

次に親指以外の指4本で、鎖骨下部を内側から外側へさすり、血液やリンパを流しましょう。

肩こり解消・リラックスに効果的なマッサージ

鎖骨のマッサージをする前に、肩を動かし鎖骨をほぐします。肩に指を添え、後ろへ向かって5回ほどまわしましょう。

鎖骨下部に指2本を置き、内側から外側へ向かって小さく円を描きながらマッサージしてください。途中で痛みを感じる部分があったら、そこを重点的にほぐすのも効果的。人差し指をつかってやや強めに抑え圧を加えましょう。同時に腕を上下に動かすと、より刺激を与えられます。

最後にわきの下、付け根あたりをもみほぐします。ていねいにおこなうのがポイント。わきの下にもリンパ節があるので、流したリンパをしっかりと送るようにほぐしてください。

すっきりとしたデコルテを目指せるマッサージ

軽くこぶしを作り、関節ではなく指表面を使って胸からわきのしたをほぐします。小さく円を描くように、内側から外側へ向かって流しましょう。その後、わきの下も揉むようにほぐしてください。

次に、人差し指と中指を使って耳を挟み、後ろへ向かって耳をまわしましょう。

最後に、耳の下から鎖骨の下に向かってやや強めにさすり、なでるように下ろします。しっかりとリンパを流すイメージでさすってください。

関連する記事

美尻に効果的なヒップアップマッサージ。入浴後10分を習慣にしよう。

ヒップアップしたいなら、筋トレや運動といったエクサ...

2019年07月24日, 身体の部位別マッサージの方法

リンパを流して、疲れも癒す。下半身のマッサージ法。

立ちっぱなし、座りっぱなし、など長時間同じ姿勢を続...

2019年07月24日, 身体の部位別マッサージの方法

お腹のマッサージ法とは。胃腸の働きを整え、便秘解消効果も。

お腹をマッサージすることで、胃腸の調子を整え、栄養...

2019年07月24日, 身体の部位別マッサージの方法