整体後のお風呂はどうすれば良い?注意点なども解説。

整体後のお風呂はどうすれば良い?注意点なども解説。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 整体

整体を受けた日は、お風呂へ入ってもよいのか気になる人もいるはず。最優先は体の状態を見て決めることですが、基本的には入浴しても構わないとされています。整体直後の入浴は推奨されておらず、湯船に浸かる場合は数時間置いてから入るようにしましょう。シャワーであれば、時間に関係なく入ることができますが、シャワーの場合でも体を温めすぎないことがポイントです。

整体後のお風呂は、一体どうすれば良いのでしょうか?注意点なども合わせて解説します。

整体後のお風呂はどうすれば良い?

整体を受けた当日は、体への影響が少ないため、基本的にシャワーのみがおすすめされています。もしお風呂へ入る場合は、直後は避けて2〜3時間経ってから入浴するようにしましょう。

整体の施術は、全身をもみほぐしたりストレッチを加えながら、筋肉へ刺激を与えて血流を促していく方法が一般的。そのため、整体の後は血液循環が良くなっている状態。直後に湯船に浸かってしまうと、普段と同じ時間の入浴でものぼせてしまうことがあります。

また整体後の入浴は、好転反応が出やすくなる場合も。好転反応とは、体の調子が戻る過程で一時的に不調が訪れる現象です。体に老廃物が溜まっている人ほど起こりやすいと言われており、主にだるさや疲労感、発熱といった症状が現れます。

整体後の好転反応については、下記の記事を参考にしてください。

整体院によっては、指示される場合も

整体院によっては、施術当日の入力を控えるようにお願いされる場合もあります。またシャワーの場合でも体は温めないようにしてほしいと伝えられることも。

施術者によって施術内容や方法が変わるため、担当者にお願いされた場合はその内容に従うようにしましょう。適切な対応を取ることで、好転反応が起こるなどといった体への影響を減らすことができます。

また、入浴しても良いかどうしても不安な場合や、整体後に指示がなかった場合などに気になるときは、施術を担当してくれた人に直接質問するのがベスト。入浴に関するお願いや注意点なども、合わせて教えてくれるはずです。

整体後のお風呂、注意点は?

血液循環が良くなっている整体後に入浴する場合は、いつも以上に体調の変化に気をつけましょう。普段よりも体温が上がりやすい状態なので、ぬるめのお湯で様子を見ながら入浴するのがおすすめです。通常よりも短い時間で入るのも良いかもしれません。

また、のぼせを防ぐためには水分補給も大事。整体の後には水分補給をするように言われますが、入浴する場合はとくに注意して水分を取るようにしましょう。こまめな水分補給を心がけ、普段入浴中に水分補給する習慣がない場合でも、コップ1杯程度は飲むようにしてください。

関連する記事

肩こりを整体で解消する。その効果とは?歪みを正して、根本から改善。

肩こりは、長時間のデスクワークやスマホの使用で生じ...

2019年07月25日, 整体

整体でも保険は使えるの?国家資格保有者の有無がカギ。

整体に行く場合、保険は適用されるのかどうか疑問を持...

2019年07月18日, 整体

整体の効果とは?マッサージやカイロとの違い、適切な頻度も知ろう。

体の不調や疲労を回復する効果が期待される整体。日々...

2019年07月18日, 整体