首の歪みで肩こりになる?自分でもできる改善方法で、不調を解消しよう。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , ボディーケア&治療

骨格の歪みは、首にも現れることがあります。横を向くのがつらい、肩がこる、顔が歪んでいるなどといった症状が見られる場合は、首が歪んでいるかもしれません。首の歪みを改善すれば、肩こりなどといった症状が緩和されるため、ストレッチや運動を習慣的におこなうことが大事です。

首の歪みは、なにが原因で起こるのでしょうか?チェックポイントやおすすめの歪み改善方法などを合わせて解説します。

首の歪みがこりの原因に

首の歪みは首周辺に不調をきたし、肩こりや頭痛といった症状へつながってしまう場合があります。

首の歪みは背骨や骨盤などの歪みと同じように、長時間同じ姿勢で過ごしていたり、何気ない動作で左右どちらかの手を使いすぎていたりと、日常生活のちょっとした癖で生じ、気が付かないうちに悪化。スマホやパソコンを操作する姿勢や運動不足、ストレスなども歪みを引き起こす原因になります。

筋肉の硬直や筋肉量に左右差があると歪みやすく、こりなどによって余計に歪みが進行する悪循環に陥ってしまう可能性も。首・肩周辺の筋肉をほぐすストレッチなどをおこない、適度に筋肉を緊張状態から開放することが大事です。

顔の歪みにもつながる

首の歪みは、顔の左右バランスが崩れる原因にもなります。ほうれい線の深さに左右差があったり目・耳の高さが異なっている場合は、顔が歪んでいると判断されがちですが、実は首が歪んでいる可能性も。

顔のバランスだけでなく、むくみや顔色の悪さが気になる場合は、首の歪みによって顔の歪みが起こっていると考えられるため、顔のバランスを整えるマッサージやストレッチなどといった改善方法のほかに、首の歪みを取る対策を取るのもおすすめです。

歪みをチェックしてみよう

首の歪みを確認してみましょう。まず、できるだけまっすぐ立つことを意識して鏡の前に立ちましょう。その状態で、鼻・口・胸・おへそまでの縦ラインが一直線になっているかどうかを確認。

鼻からおへそまで一直線ではない、左右どちらかに偏っている部分がある場合は、首に歪みがあると考えられます。

次に、鏡の前にまっすぐ立った状態から、首だけをゆっくりと左に向き、その後右へ向きましょう。首を移動する際に、スムーズに動かせない場合や痛みが生じるときは、首に歪みがある可能性があります。

首の歪みを改善するおすすめの方法

首の歪みを改善するためには、首・肩周辺の筋肉をほぐすことが大切です。緊張やこりを解消することで、徐々に歪みを改善する期待ができるので、継続して続けましょう。

肩周辺の緊張をほぐす

イスに深く座り、腕を上げます。手のつま先が天井に、手のひらは外側へ向くようにひじを曲げてください。肩は上げず、下げるように意識しましょう。お腹も少し力を入れ、前に出ないようにしてください。

肩甲骨を中心に寄せるようにイメージしながら、腕を後ろに引き、そのまま腕を後ろ回しにまわします。10回ほど繰り返しましょう。

首周辺の筋肉を調整する

仰向けになります。足は腰幅に開いて、手は体に沿わせるように横へ置きましょう。右手を頭の後ろに移動して、頭の付け根と首あたりに手のひらを添えます。床と垂直になるようにひじを曲げ、軽く握りこぶしを作りましょう。

右手のひじはなるべく床から離さないように、頭を左側へ押していきます。手のひらは添えたまま、心地良い刺激を感じる程度で構いません。このとき、左ひじは地面を軽く押すようにしてください。

ゆっくりと首を元の位置に戻し、左右の腕も戻しましょう。反対も同様におこなってください。

関連する記事

ふくらはぎが冷たい。原因と解消法は?ツボ押しや入浴、運動で血行を促進しよう。

冷えは、多くの人が悩む症状。さまざまな部位に冷えを...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

冬場でも汗をかく?においが気になる原因と対策。

冬なのに汗をかく、においが気になる人もいるはず。冬...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

お腹が張る原因とは?運動不足や姿勢の悪さも影響。

「お腹が張ってスッキリしない」と悩む人は多いはず。...

2019年07月18日, ボディーケア&治療