整体は食後でも利用して良い?食事で気をつけるべきこととは。

整体は食後でも利用して良い?食事で気をつけるべきこととは。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 整体

整体を利用する際、食後・食前のどちらが良いのか分からない人も多いはず。大事なことは、胃に食べたものがない状態であることです。食べたものの消化に影響しない食前のほうが望ましいですが、食後であっても、食事をしてから時間が経っていれば消化されているため、整体を利用しても良いとされています。

整体を利用する際の食事は、一体どうするのが適切なのでしょうか?また食事内容の注意点も合わせて解説します。

整体を利用するとき、食事はどうするべき?

整体を利用する場合は、食前もしくは、食後2〜3時間程度の時間を空けてからがおすすめです。食前ならば胃へ血液を送る必要がないため、消化不良の心配もなくなります。また食後数時間で胃にあるものは消化されるとされているため、体調不良の心配もありません。

食後すぐ整体の施術を受けると、体調が悪くなることも

整体は筋肉を揉みほぐす施術をおこない、血行を促進させるため、血液循環が一時的に良くなります。そのため、食事を摂ってすぐに整体を利用してしまうと、消化不良を起こしてしまう可能性も。消化のためには胃へ血液を送る必要がありますが、全身の血流が良くなると、胃に集中して血液を送れなくなってしまいます。

またうつ伏せになってお腹を圧迫する体勢になるので、体調を悪くしてしまうこともあるので、できるだけ食後すぐの利用は避けましょう。

整体前後の食事で注意することとは?

整体前後の食事は、消化に影響しないような食べ物を選ぶことがポイント。また体の水分をなくさないように心がけてください。

アルコールは避ける

整体前であっても後であっても、アルコールは避けましょう。整体を受けると血液循環が良くなっているため、いつも以上に酔いやすい状態なので危険です。

また整体の施術を受けると老廃物を排出するために水分補給が必須。アルコールは利尿作用があるため、体の水分が減ってしまうといったデメリットもあります。

食べすぎない

基本的に食後2〜3時間程度の時間を空ければ消化はされますが、適度な量を摂取した場合に限ります。食べすぎてしまうと、その分消化に時間がかかってしまうので注意しましょう。

食事をしてから整体を利用するまでまでに時間を空けていても、うつ伏せになったり体勢を変えたり、施術をしている途中で気分が悪くなってしまうこともあるので、食べすぎないようにしてください。

油っぽい食事など、消化に悪いものを避ける

揚げ物などといった油の多い食事や、肉類などの消化に時間がかかるとされている食事はなるべく避けましょう。2〜3時間経っても消化されていない可能性があり、施術中に気分を悪くしてしまうことがあります。

消化されやすい、おにぎりやパンなどの炭水化物がおすすめ。またいつもより良く噛み、消化しやすくする工夫もしましょう。

関連する記事

非対称な顔は整体で治そう。生活習慣や癖が歪みを引き起こす。

ふと鏡を見た際に、顔のバランスに違和感を感じたこと...

2019年07月18日, 整体

猫背を整体で改善するメリットとは?原因を特定して、正しい姿勢に。

長時間のデスクワークや運動不足によって猫背になって...

2019年07月18日, 整体

整体は危険?利用する際の注意点や痛みの見分け方とは?

肩こりや腰痛、むくみなどを改善する目的として、整体...

2019年09月27日, 整体