整体でも保険は使えるの?国家資格保有者の有無がカギ。

整体でも保険は使えるの?国家資格保有者の有無がカギ。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 整体

整体に行く場合、保険は適用されるのかどうか疑問を持ったことがある人も多いはず。結果からいうと、ほとんどの整体サロンでは、原則保険は適用されません。しかし、例外もあります。

施術の料金はなるべく安く抑えたいもの。整体を受ける際の保険適用には、施術師が国家資格を持っているかどうかが重要です。治療目的でマッサージが必要な場合は、保険が適用されることもあります。

なぜ整体では保険が適応されないのか

保険診療が適応されないケースが多い主な理由としては、オステオパシー、タイ古式マッサージなどと呼ばれる整体は、一般的に民間資格の施術であり、国が定めたものではないためです。

よって、保険診療が使えない場合がほとんどなので注意しましょう。

整体でも保険が認められるケース

整体と言っても種類はさまざま。オールハンドの整体で体をほぐす施術を受けるときや、カイロプラクティックを受ける際には、保険診療が適応される場合があります。

あん摩マッサージ指圧師の資格を持つ治療院に行く場合

医師の診断書や同意書を持って、あん摩マッサージ指圧師の資格を持つ先生の治療院に訪れた場合は、保険の適応範囲で施術を受けることができます。また、骨折などの治療後や脳の病気の後遺症などで、医療上マッサージが必要である場合も、健康保険適用の治療院であれば保険を使うことが可能です。

医師の診断書によって保険が適応されるのは、関節拘縮・筋麻痺の2つの症状に関する施術のみ。肩こり・腰痛・疲労などに保険は使えません。

あん摩マッサージ指圧師は、マッサージをする上で唯一の国家資格。民間資格とは異なり、所定の専門学校で3年以上学ばなければ取得できません。

あん摩マッサージ指圧師の資格を持つ先生を見つけるには、施術院の名前から判断するか、ホームページを見てみてください。名前から判断する場合、あん摩マッサージ指圧師がいる施術院は、カイロや療術院と名乗っていることは少ないので、治療院と名乗っている店舗を探すと見つけやすいです。

整骨院・接骨院に行く場合

整骨院や接骨院では、柔道整復師という国家資格を持つ人によって施術がおこなわれるのが特徴。柔道整復師による施術は、骨折、脱臼、打撲、捻挫なら保険診療で施術ができると法律で決まっています。

症状が急性か亜急性であれば保険診療を受けられますが、原則として肩こりなどの慢性的な症状は保険適応外です。

ただし、整骨院でのお金の支払いは原則償還払い。つまり、施術を受けた人が、自分で役所に請求を行い、お金をもらうというのが正しい手順です。柔道整復師は、あくまで患者さんの代行でお金を納めています。

肩こりだけなどの慢性の症状で施術を受けた場合にも、保険を使って3割引きの状態でお金を払っているときは、気づかぬうちに違法行為に加担していることがあるので気をつけましょう。

保険適用外だけど少しでもコストを抑えよう

整体やマッサージにはほとんどの場合保険は適用されません。しかし、少しでも整体やマッサージにかかるお金を抑えたいという人も多いはず。

そんな人は、大手サロンなどの割引キャンペーンを利用しましょう。最初から安すぎる値段だと、安全性や効果に不安を持ってしまうかも知れませんが、キャンペーンを利用すれば、安全で効果のある施術をお手軽な料金で受けることが可能です。

例えばカラダファクトリーという整体サロンでは、60分のコースを初回は55%OFFの金額で受けられるという、お得なキャンペーンをおこなっています。

オープンで明るいため、整体が初めての人も安心して入りやすく、スタッフがフレンドリーなのもおすすめポイントです。着替えをする部屋にヘアゴムなどアメニティも充実していて、細かな配慮が行き届いています。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

関連する記事

整体とマッサージの違いとは?施術の特徴を知り、目的別に使い分けよう

体が疲れたと感じたとき、どのように対処していますか...

2019年07月18日, 整体

非対称な顔は整体で治そう。生活習慣や癖が歪みを引き起こす。

ふと鏡を見た際に、顔のバランスに違和感を感じたこと...

2019年07月18日, 整体

整体が痛い理由とは?自分の好みや目的に合った整体院選びが重要。

整体は痛いほうが効いているというも人もいれば、痛く...

2019年07月25日, 整体