夏バテの解消法とは?対策をして、不調を治そう。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , ボディーケア&治療

食欲が湧かない、体がだるい、睡眠の質が悪いなど、さまざまな症状や悩みを引き起こす夏バテ。食事や睡眠ができないと、風邪などにかかりやすくなるため、夏バテになるまえに対策することが大事です。また夏バテになってしまっても、生活習慣を見直すと、効果的に解消できます。

夏バテを解消するためには、どのような方法があるのでしょうか?夏バテの原因や症状なども合わせて解説します。

夏バテを解消するためには

夏バテは、外気の暑さによって起こる食欲低下や寝付きの悪さ、疲労感などの症状を指します。解消するためには、暑さを和らげるのがポイントです。しかし、外気の暑さと冷房による冷えの温度変化によって、自律神経が乱れていることから不調が起こっている場合もあるため、ただ暑さを緩和するだけでは夏バテを治せないことも。

夏バテを解消するには、冷房による対策もポイント。また体の機能を正常に働かせるために、普段から栄養バランスの取れた食事や適度な運動をしたりと、対策しておくのも大事です。

夏バテになる原因や症状とは?

夏バテの原因は、高温多湿の環境や室内の冷房、睡眠不足など。湿度が多いと汗が出にくくなるため、うまく発汗ができなくなり、体温調節機能の働きが弱まってしまいます。冷房と外気温の温度差は、自律神経を乱し、また睡眠不足は疲労回復がおこなえず、疲れが溜まった状態が続いてしまうため、夏バテにつながります。

症状で多いのは、食欲不振や全身の倦怠感、体のこり、胃腸機能の低下などです。寝てもだるさが取れない、食欲がなくなるのは、夏バテの代表的な症状といえます。

夏バテの解消法と対策

夏バテを解消するためには、日常生活の何気ない行動を見直すのがポイント。1つ1つ対策することで、夏バテを解消できます。

冷たい飲み物を控え、常温か温かいものを

冷たい飲み物は体を冷やすため、暑さを緩和させるのに役立ちますが、反対に内臓を冷やしてしまい、全身の冷えにつながってしまう可能性があるため、大量に飲むのは控えましょう。

ポイントは、暑さを感じるときは冷たいもの、それ以外は常温もしくは温かい飲み物を飲むこと。状況によって飲み分けることで、熱中症予防もしながら、夏バテも解消されます。

適度に運動をする

夏バテ対策には運動も効果的。適度に体を動かすことで、自律神経の乱れを整えることができるため、運動を習慣づけておこないましょう。少し疲労を感じる程度の軽い運動が最適です。ウォーキングはもちろん、移動の際にエスカレーターやエレベーターを使用せず、階段を使うのもおすすめ。

入浴を習慣に

入浴は、自律神経の乱れを整える効果があります。また就寝1時間前くらいに体を温めることで、寝付きを良くする期待もできるため、睡眠不足解消にも役立ちます。38~39度程度のお湯にゆっくりと浸かりましょう。じんわり汗ばむ程度が最適です。

水分をこまめに取る

水分のこまめな摂取は、夏バテ対策はもちろん、熱中症の予防にもなります。水分を取ると汗が出やすくなるため、体温調節が正しくおこなえるように。水分摂取のタイミングは、喉が渇いたら飲むのではなく、15分に1回、喉や口を潤す程度を飲むのがポイントです。

のどが渇いたと感じているときは、すでに体の水分量はすくなくなっている状態。その前に水分を取ることで、夏バテを防げます。

関連する記事

背中がボキボキ鳴る原因とは?ストレッチで硬くなった筋肉をほぐそう。

背中を反らすと、ボキボキと音がしてコリを感じる人も...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

リンパ詰まりの原因と解消法とは?老廃物を流すヨガポーズも紹介。

リンパは老廃物の排出、ウィルスや細菌から体を守る免...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

デコルテマッサージの方法とは?美容と健康の両方に効果あり。

美しく、ハリのあるデコルテは女性の憧れ。デコルテが...

2019年07月18日, ボディーケア&治療