筋肉太りの腕を細くする方法とは?有酸素運動をすることが大切。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , ボディーケア&治療

ダイエットや体の引き締めのために始めた筋トレ。しかし、やりすぎて逆に太って見えるようになってしまった、という人は多いはず。

程よくスリムな腕になりたい、と考える人はたくさんいます。予想以上に筋肉が大きくなってしまう、筋肉太りの状態になってしまったときは、どのように筋肉を落としていけばいいのでしょうか?

筋肉は脂肪よりも落としやすい

筋肉は脂肪と違い、使わないだけで簡単に落とすことが可能です。食事制限によるダイエットをおこなっている場合は、なおさら痩せやすくなります。しかし、筋肉の間に脂肪が溜まってしまっている脂肪太りの状態になっていたり、むくんでいたりすると痩せにくい場合も。

運動をしているわけではないのに、なかなか筋肉が落ちないという人は、普段の生活で無意識で筋肉を鍛えてしまっている可能性もあります。日ごろの生活を見直して、筋肉が落ちるように心がけましょう。

腕の筋肉を落とす方法

腕の筋肉を落とすには、重たいものを持つのを控えたり、有酸素運動をしたりすることが効果的です。

重たいものは持たない

筋肉は強い負荷を加えて、ダメージを受けてその修復の過程で大きくなります。重たいものを持つという行為は、いわば重い重量の筋トレをしているようなもの。そのようなことが続いてしまえば当然筋肉は大きくなってしまいます。

仕事の都合上であったり、家事の都合上どうしても重たいものを持たなくてはいけないときは、台車を使ったり、深く腰を下ろして足と腕の両方を使うようにして持ち上げるようにしてください。また、一気に運ぶのではなく少しづつ小分けにして運んでみましょう。

有酸素運動をする

筋肉によって増えた代謝エネルギーが下がらないうちに、運動だけやめてしまうと、逆に脂肪がついて腕が太くなってしまう可能性も。ある程度制限するのは構いませんが、無理な食事制限は体を壊してしまうのでやめましょう。

筋肉を細くするには、運動をやめるのではなくウォーキングやランニングをなどの有酸素運動に切り替えてください。有酸素運動であれば筋肉も脂肪も一緒に分解してエネルギーにしているので、筋肉太りだけでなく脂肪太りも防ぐことができます。

食事を見直す

筋肉太りの人にとって危険なのはタンパク質。筋肉や骨を作るもととなる栄養素なので、運動後すぐにタンパク質をとるのは避けましょう。

とは言っても、タンパク質は体に必要な栄養素の1つ。タンパク質があまりにも低下すると、逆に体調不良におちいるので、無理な食事制限はしないようにしてください。栄養バランスの取れた食事を3食きちんととり、そのうえで有酸素運動によって筋肉を落としていくことが大切です。

マッサージをする

筋肉が落ちていったとしても、それまで大きな筋肉のおかげであまり目立たなかったむくみが、相対的に目立ってしまうということもあります。寝る前やお風呂に入ったあとにマッサージやストレッチをおこない、すっきりとした腕を手に入れましょう。

手でマッサージをするのが面倒な人は、ローラーなどを使って簡単に手入れをしてみてください。

関連する記事

腰痛の種類とは?原因によって、痛みや対処法が異なる。

腰痛の種類は、原因によって分かれます。骨や筋肉に異...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

音楽とアロマのリラックス効果:日々のストレスから開放されたい方は必見!

音楽とアロマテラピーには共通する部分が数多くありま...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

お腹周りの脂肪が溜まる原因と引き締める方法:食事・運動・睡眠が大事!

お腹周りのぜい肉はすぐついてしまうのになかなか落ち...

2019年07月19日, ボディーケア&治療