理想のふくらはぎになるためには、マッサージでリンパを刺激して血行を改善しよう。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , マッサージ

ミニスカートやタイトなパンツを履いたとき、すらっとしたふくらはぎに憧れるという人は多いはず。まずは、マッサージで不要な老廃物を排出することから始めましょう。

ふくらはぎの悩みは、筋肉がつき過ぎてしまっている、余計な肉がついている、などさまざま。ふくらはぎを引き締めるためには、まずはマッサージをして、ふくらはぎを柔らかくすることから始めましょう。硬いままでは、筋肉も脂肪も落ちてくれません。

ふくらはぎをほっそりさせるマッサージ

リンパの流れに沿って、ひざから太ももの付け根、そけい部へと流していきましょう。

リンパ節のあるひざ裏を刺激すると、不要な老廃物を排出し、代謝を良くすることができます。また、むくみを解消し、血流を良くすることで老廃物を排出させることも可能です。

ふくらはぎの筋肉マッサージ

アキレス腱からひざに向けて、一気に流すようにさすり上げます。次に、すねの骨の両脇を親指で押さえながら、徐々にひざに近づけていきましょう。ひざまで来たら、ひざ裏のリンパを流すよう刺激。

その後、ふくらはぎを細くするために有効だと言われる、4つのツボを押していきましょう。足首とひざのちょうど中央にある承山(しょうざん)、ふくらはぎが最も盛り上がったところにある承筋(しょうきん)、承山と承筋の中間にある承間(しょうかん)、またひざ裏の真ん中にある委中(いちゅう)を両手の親指で押しましょう。

両足合わせて大体15分くらいを目安に繰り返します。

ふくらはぎを柔らかくする効果的なストレッチ

かかとをつけたまま右足を前に一歩踏み出し、腰を落として左足を伸ばします。左足のアキレス腱、ひざの裏がよく伸びるように意識しながら、5秒くらいこの姿勢をキープ。今度は反対側の足左足を前に踏み出し、腰を落としてください。そして、右足のひざの裏、アキレス腱をよく伸ばします。各足5回ずつおこないましょう。

マッサージだけでなく、ストレッチをプラスすることで、より効果的にふくらはぎをより柔らかくすることができます。

ふくらはぎの痛みから、体の不調を知る

ふくらはぎの外側を触ったときに痛みを感じる場合は、腰痛や頭痛、肩こり、ひざの痛みなどに関連している場合があります。体全体をほぐして、痛みの予防すると効果的。

ふくらはぎの裏側が痛い場合は、神経痛や不眠、イライラなど、精神的な不調が関わっている可能性があります。ストレスを溜めないように、1日のうちでリラックスできる時間を作りましょう。

ふくらはぎの内側が痛い場合は、肝臓が弱っているか、ホルモンのバランスが乱れている恐れがあります。肝臓は、体にとって有害な物質を分解して毒素を無くしたり、代謝を助ける役割があります。肝臓が弱ると解毒作用が低下するだけでなく、女性ホルモンの分泌が減るので気をつけましょう。アルコールの取りすぎなど、肝臓に負担をかける習慣がある人は注意してください。

引き締まったふくらはぎを目指す

プロの力を借りることも美脚への近道です。全国に展開している整体院のカラダファクトリーでは、レッグラインメンテナンスコースで、脚の悩みを一気に解決することができます。骨盤の位置を正すことで、脚のラインを綺麗にすることができます。また、むくみの改善も。足が疲れやすいという人にもおすすめです。

駅から近い店舗も多いので、気軽に利用しやすいことも嬉しいポイント。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

関連する記事

足首のくびれがほしい。太くなってしまう原因と、細くするためにできることとは?

理想的な脚のバランスは、太もも・ふくらはぎ・足首が...

2019年07月18日, マッサージ

むくみを解消するストレッチ法とは?自宅で脚痩せしよう。

立ち仕事をしていたり、長時間のデスクワークなどで体...

2019年07月04日, マッサージ

ふくらはぎのダイエット方法とは?マッサージとエクササイズで、効果アップ。

スラッとしたモデルのような美脚に憧れる女性は多いは...

2019年07月04日, マッサージ