お風呂が疲れる理由とは?おすすめの入浴法や注意点など。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , ボディーケア&治療

疲労回復に良いとされているお風呂ですが、反対に疲れを感じてしまう人も多いはず。基本的に入浴は体に良いとされていますが、温度や時間などによっては、さらに体が疲れてしまう場合もあります。

なぜ、お風呂に入ると疲れてしまうのでしょうか?理由だけでなく、おすすめの入浴も合わせて解説します。

お風呂が疲れる理由とは?

お風呂で疲労が溜まってしまう理由にはいくつかありますが、もともと体力がない場合のほかに、お湯の温度によるもの、また入浴時間などが考えられます。

体力がない

入浴は水圧や温度によって呼吸や脈拍、体温が上がるため、平常時よりも体のエネルギーが使われているので、思っているよりも体力を消耗します。また発汗によってもさらにエネルギーを消費。そのため、もともと体力がない人は入浴だけでも疲労を感じてしまいます。

お湯の温度

お湯の温度も疲労に感じる1つ。ぬるい温度のお湯は、自律神経のうち副交感神経を優位にするため、体はリラックス状態になります。心身ともに脱力できるのがメリット。ぬるいお湯に長時間浸かって疲労を感じた人は、副交感神経が優位になっているために起こっている可能性も。入浴したらいつもよりぐっすり寝れる場合が当てはまります。

反対に熱いお湯は、自律神経のうち交感神経を優位にします。そのため、入浴後にはリフレッシュしたような気分になりますが、実は疲労がある状態。体を温める時間が早いため、短時間での入浴の場合は熱いお湯のほうが適していますが、疲労を感じないためには体調や体力によって温度調節するのが最適です。

長時間の入浴

疲労回復のために、冷え解消のためにといった理由で長時間入浴する人も多いはず。しかし、長時間お湯に浸かっているのは、平常時よりもずっと体温や心拍数、呼吸数が上昇したままの状態。

エネルギーが消費され続けているため、疲労も感じやすくなります。

疲れを感じない、おすすめの入浴法とは?

健康・美容効果の高い半身浴などは、お湯の温度や入る時間を気をつけなければなりません。また体のどこまで浸かるかもポイントになります。

ややぬるめのお湯で20分

就寝の1時間半ほど前に、ややぬるめの38〜40度で20分程度の入浴が疲労回復には効果的。その際、お湯の深さはみぞおちが浸かるくらいがおすすめ。

心臓への負担も少なく、また内臓はしっかりと温めているので、体の内側から体温を上げることが可能です。血流が滞りやすい足も、水圧のマッサージ効果によってむくみやだるさを軽減できるメリットも。

アロマ、バスソルトなどの使用

アロマやバスソルトなどを入浴のときに使用すると、発汗や保湿の効果を高めてくれます。またお風呂を習慣化するためにも、香りや色を楽しめるものがおすすめ。見た目やにおいからもリラックスすることで、疲労回復になります。

温冷交代浴

温冷交代浴は、疲労回復に効果が高いとされています。

方法は、40度弱より少し高めの42度くらいに設定し3分ほど入浴し、その後20度弱の少し冷たいシャワーを1分ほど浴びてください。これを3〜5回繰り返していくと、血流が良くなり疲労回復に効果的です。また自律神経のバランスも整えられるので、体だけでなく精神的にも効果が期待できます。

疲労のほかに出る症状に注意

入浴のとき、もしくは入浴後に疲労を感じただけなら、大きな問題はありませんが、疲れと同時に息苦しさや動悸、めまい、入浴中の眠気などの症状も併発したときは、すぐにお風呂から出て、入浴をやめてください。

さまざまな疾病が隠れている可能性もあるため、様子を見て改善しない場合は医療機関を受診してみましょう。

関連する記事

神田の足裏・リフレクソロジーサロン5選。痛気持ち良いマッサージで、リラックスしよう。

足裏のリフレクソロジーサロンは、さまざまな特徴を持...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

PMSのだるさ、解決する方法とは?規則正しい生活が重要なポイント。

月経前症候群とも呼ばれるPMS。生理前に起こり、心...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

セクシーボディには筋トレや女性ホルモンがカギ。ビタミンB6やEを摂取しよう。

思わず触りたくなるようなバストやヒップ、それを強調...

2019年07月18日, ボディーケア&治療