体が冷える原因とは?改善して、不調知らずに。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 部位別の冷え解消法

体の冷えは、放っておくと慢性的な不調をきたす原因に。悪化してしまうと、自律神経が乱れ、より冷えが進行してしまうこともあるので、早いうちに対処するのが大事です。衣類や生活習慣、食べ物を工夫してみましょう。

体が冷える原因、冷え改善の方法には、一体どのようなものがあるのでしょうか?

体が冷える原因とは?

冷え性の原因にはさまざまありますが、ダイエットや運動不足、外気温、また食生活があげられます。

ダイエットや運動不足による筋力の低下

無理のない範囲のダイエットは健康にも良いですが、過度なダイエットは熱を発する役割を持つ筋肉が一気に減る可能性があり、体温が上がりにくくなることも。同様の理由で、運動不足も筋肉を減らすため、冷えにつながります。

冷房の冷え

夏場だと、冷房も体を冷やす原因に。室内外の気温差が大きいと、体温を調節する自律神経が正常に働かなくなってしまうため体温が下がりやすく、また血行不良を起こす場合もあります。ストレスや不規則な生活も自律神経に影響を与えるため、冷えの原因になります。

食べ物

食べるものも、体の冷えには大きく影響しています。冷えたいものばかり飲食すると、内臓から体を冷やしてしまい、血行不良を起こし冷えに。

また食べ過ぎが原因になる場合も。とくに高カロリー、高脂肪の物を食べ過ぎると、消化するために血液が胃腸に集まり、熱生産量の多い筋肉や他の器官に本来行くべき血液がいかなくなり、体が冷えてしまいます。

冷えからくる不調の症状とは?

冷え性を引き起こす症状はたくさんありますが、そのなかでも肩こり・腰痛や胃腸機能の低下、むくみ、太りやすいといった不調が代表的。

体が冷えると起こる血行不良は、慢性的なこりや痛みをおこします。肩こり・腰痛などのが悪化すると、余計に血行不良が起こってしまうなど、負の連鎖になりやすい特徴も。

また内臓まで冷えると、胃腸機能は低下し、消化不良や便秘・下痢の症状が現れます。

血行不良は全身に及ぶため、老廃物が滞るようになり、むくみのもとに。またエネルギー消費量が減るため、太りやすくなるといったデメリットもでてきます。

体の冷えを改善するためには?

体の冷えを改善するために、生活習慣や食べ物などを見直すのがおすすめ。体を冷やさないように工夫し、冷えを取り除きましょう。

洋服で冷えを防ぐ

洋服で体の冷えを防ぐ方法は、手軽におこなえておすすめ。冬は保温性のある素材を選び、夏は薄手のカーディガンやパーカーなどを持ち歩き、冷房の効きすぎている部屋に対応しましょう。直接冷たい風に当たると、より体を冷やしてしまうことにつながえります。

またブランケットやストールなどを使用して、肩や首、お腹周りは積極的に温めるようにしてください。

筋肉量を増やす

筋肉は、体温を上げるために重要な役割を担っています。体の熱は筋肉によって作られるため、筋肉量が少ないと体温を維持するのが難しくなってしまうことも。

とくに、体の中でも大きいと言われる太ももを鍛えるのがおすすめ。また腹筋を鍛えると適度に内臓へ刺激を与えられるので、内側から体を温める効果が期待できます。

入浴する

入浴は、冷え改善には最適な方法。効果的に体温をあげ、代謝を増やすことができるのはもちろん、水圧のマッサージ効果によって老廃物も循環できるので、むくみの解消にもなります。

また寝る1時間前くらいに入ると、睡眠の質が良くなる効果も。体をしっかり休ませると、ストレス解消にもなります。

食べ物から温まる

食べ物や飲み物も、体の冷え改善に効果的。体を温めるだけでなく、発汗作用のあるネギやニラ、生姜、ニンニクなどを積極的に食べるようにしましょう。また温かい飲み物は、ほうじ茶や生姜湯などが最適。

関連する記事

背中の冷え、なぜ起こる?肩こりといった不調の原因になっている可能性も。

背中などの胴体の冷え。体がゾクゾクするのに熱はない...

2019年07月25日, 部位別の冷え解消法

つらい太ももの冷えを改善して、健康的な生活を送ろう。

太ももが冷えてくると、血行が悪くなります。全身が冷...

2019年07月25日, 部位別の冷え解消法

腰の冷えは、血流の悪さが原因?体を冷やさないようにすることが大切。

冷えといえば手足、と考えられがちですが、腰あたりの...

2019年07月25日, 部位別の冷え解消法