冷え太りとは?原因を知って、体温と基礎代謝アップを目指そう。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , ボディーケア&治療

ダイエットしたいのになかなか痩せない、冷えが気になる、体温が低いなどの悩みを同時に抱えている人は、冷え太りの可能性があります。基礎代謝量が低いために脂肪が燃焼されず、太りやすく痩せにくい体質になってしまっているのが原因。

冷え太りを解消するためには、さまざまな方法で体温を上げ、代謝量を増やすのがポイントになります。一体どのような方法があるのでしょうか?冷え太りについても、合わせて解説します。

冷え太りとは?

冷え太りは、体が冷えているためにエネルギー消費が落ち、脂肪が燃焼されないために太ってしまうこと。ポイントは、基礎代謝量にあります。

基礎代謝量は、何もしていなくても消費される体のエネルギー。高いと消費カロリーが多く、低いと少ないのが特徴です。エネルギーが作られるときには体の中で熱が発生するため、基礎代謝量が多いと、熱が多く発生するため冷えを感じることはあまりありません。

しかし基礎代謝量が低いと熱が発生しないため、体温が上がりにくく、体は冷えやすい状態に。またエネルギーも消費されないので、太りやすく痩せにくい体につながってしまいます。

冷え太りかどうかをチェックしてみよう

ダイエットしたいのになかなか痩せない、摂取量は少ないのに痩せない、むくみやすいなどの悩みを抱えている人は、冷え太りの可能性があります。下記のチェックリストで確認してみましょう。

  • 手足の冷えが気になる
  • 運動習慣がない
  • 冷たいものをよく食べる・飲む
  • 食事を抜くことが多い
  • 入浴はせず、シャワーだけ
  • 平熱が36度以下
  • 足のむくみが気になる
  • 肩こりがある
  • 薄着で過ごす

3つ以上当てはまった人は、冷え太りの可能性があります。体を温めたり、代謝を上げるなどの方法で対処してみてください。

冷え太りを改善する方法とは?

冷え太りを改善するためのポイントは、食べ物・運動・生活習慣です。3つの要素からアプローチして、体の状態を見直していきましょう。

筋肉量を上げる

筋肉は、基礎代謝量の約20%を占めています。またその内の70%は脚の筋肉で作られるため、基礎代謝量を上げるためには筋トレが最適です。足を中心に全身の筋肉量をバランス良く増やしていくのがポイント。

おすすめは、ウォーキングやランニングなどの全身運動で徐々に筋肉を鍛えること。また筋トレと組み合わせるとより効果的なだけでなく、ダイエットにもなりおすすめ。脂肪燃焼には、無酸素運動の筋トレをしたあとに有酸素運動のウォーキングやジョギングをするのが良いとされています。

体温を上げる

冷えを改善するためには、体温を上げて代謝を活発にするのも効果的。体を冷やさず、内側の内臓から温めることを意識してみましょう。お腹周りを中心に温めるのが最適です。

冬は厚い生地の洋服を1枚着るのではなく、薄い生地の洋服を重ね着すると衣類の間に空気の層がうまれ、熱を溜めることが可能。また夏なら冷房の寒さと外の暑さの寒暖差があるため、衣類を脱ぎ着できるような薄手の服を持ち歩くと体温調節がしやすくなります。

お風呂を習慣にする

シャワーは手軽ですが、体を温めるのには適していません。毎日でなくても構わないので、少なくても週に1度は入浴して、体を温めるようにしましょう。

温熱効果だけでなく、水圧によるマッサージ効果も期待できるため、血流改善につながります。血流が良くなると代謝も上がりやすくなるため、体を温めることが可能。また汗をかく習慣をつけると、基礎代謝も上がりやすくなります。

体を温めてくれる食材を食べる

食材が持つ栄養にも、体温を上げる働きをもつもの、血流促進が期待できるものがあります。

体を温めてくれる食材は、ごぼう・かぶなどの根菜類や寒い地域で収穫されるりんご・ぶどうなどがあります。ほかにも、黒豆などの黒い食材がおすすめ。また生姜やねぎにも体を温める効果が期待できます。

関連する記事

神田の足裏・リフレクソロジーサロン5選。痛気持ち良いマッサージで、リラックスしよう。

足裏のリフレクソロジーサロンは、さまざまな特徴を持...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

足首がむくむ原因とは?老廃物を流して、慢性化を防ごう。

1日の終わりに足首がむくんでいる、と感じている人も...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

ダイエットに効くツボとは?ストレスやイライラを解消する効果も。

ダイエットの方法としては食事制限や運動が一般的です...

2019年07月18日, ボディーケア&治療