代謝が落ちる原因は?ダイエットを成功させて健康的な体を目指すために。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , ボディーケア&治療

代謝が落ちる、と言われるときの代謝は、一般的に基礎代謝を指します。低下する原因にはさまざまありますが、加齢によるもの以外は、対策をすることで代謝の低下を予防することが可能。ダイエットのために基礎代謝を上げるのはもちろん、健康的な体を目指すためにも重要です。

基礎代謝を上げるためには、どのような対策を取ればよいのでしょうか?代謝が落ちる原因なども合わせて解説します。

代謝が落ちるのはなぜ?

基礎代謝は、運動などをしていなくても消費されるエネルギーのことです。代謝が落ちる原因には年齢や運動不足、生活習慣などが考えられます。

ピークは15〜17歳

基礎代謝量のピークは10代のうちだと言われており、厚生労働省が発表した「日本人の食事摂取基準 2015年度版」によると、男女ともに15〜17歳に基礎代謝量が最も多く、男性は約1610kcal、女性は約1410kcalとされています。

その後は加齢とともに、5〜10%ずつ低下。基礎代謝量は筋肉量や運動量などにも左右されます。

代謝が落ちるとどうなる?

代謝が落ちたことによる影響が1番現れるのは体型に関わる部分。太りやすく、痩せにくくなります。しかしそれ以外にもさまざまな悪影響があり、むくみや肌荒れを起こしやすくなる、体温が低いため免疫が低下し風や病気のリスクが上がることも。

また冷えや疲れやすさ、生理不順、便秘といった症状が出る場合もあります。

代謝を上げるためには?

代謝は、日々の生活を工夫するだけで増加させることが可能。運動や入浴を習慣的におこないましょう。また筋肉量を増やすのも大事です。

お風呂につかる

お風呂は、体温を上げ、血流を促進できる手軽な方法。定期的に入浴すると基礎代謝量を上げられます。シャワーだと体を温められないので、しっかりお湯に浸かることが大事です。

おすすめの入り方は、38〜39度のお湯に20〜30分浸かること。ゆっくりと体を温めると、内側から温められます。

有酸素運動を取り入れる

酸素を体内に取り込みながらおこなう有酸素運動は、代謝アップに効果的。激しい運動の必要はなく、習慣的におこなえて適度な疲労を感じられるものがおすすめ。

少し早めに歩くウォーキングなら、運動不足の人でも手軽に始められます。いつもより歩幅を大きくするのもポイント。

筋トレ

筋肉は、基礎代謝の20%程度を締めています。筋トレなどで筋肉量を上げるだけで、基礎代謝を上げられるのはもちろん、有酸素運動と組み合わせると脂肪燃焼効果も期待可能。

上半身では腕立て伏せ、下半身はスクワットが最適。大きめの筋肉を鍛えられるので効果が出やすいのが特徴。筋トレのあとにタンパク質の摂取をすると、効果的に筋肉が鍛えられます。

関連する記事

癒されるタイの民族音楽の特徴:気持ちが明るくなる曲でリフレッシュ

タイの民族音楽の特徴の1つに、伝統的な楽器が奏でる...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

お腹周りの脂肪が溜まる原因と引き締める方法:食事・運動・睡眠が大事!

お腹周りのぜい肉はすぐついてしまうのになかなか落ち...

2019年07月19日, ボディーケア&治療

タイプ別で見る、PMSのときの食事で気をつけるべきこと、積極的に摂りたい食材とは?

PMS(月経前症候群)は、女性特有の悩み。毎月起こ...

2019年07月18日, ボディーケア&治療