ストレスで腰痛が悪化する?効果的に痛みを緩和するための対処法とは。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , ボディーケア&治療

腰痛が辛い、原因が分からないけど腰の痛みが続いているなどの場合、もしかしたらストレスが原因で痛みが起こっているかもしれません。

多くの場合、骨格の歪みや筋力不足、また筋肉疲労によって腰痛が起こりますが、ストレスが原因で腰痛が悪化することもあります。

ストレスが原因で腰痛が起きている場合の対処法には、一体どのようなものがあるのでしょうか?原因も合わせて解説します。

慢性的な腰痛はストレスが原因?

「腰痛がなかなか良くならない」、「波はあるけど、腰の痛みが定期的にある」など、原因がないにもかかわらず腰痛が起こる、あるいは治らない、悪化する場合は、ストレスによって腰痛が起こっている場合があります。

脳はドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなどを放出することで、脳に伝わってきた痛みの信号を遮断し、痛みを緩和。ドーパミンなどの神経伝達物質が排出されると、腰痛などは我慢できるようになります。

しかしストレスなどを長期間受け続けると、ドーパミンが排出されにくくなってしまい

、ちょっとした痛みでも強く感じてしまう場合も。腰痛が治らない、悪化すると感じてしまう状態につながります。

原因がわからない腰痛のときに注意すること

ストレスによって腰痛が起こっていたり、原因不明の腰痛である場合、マッサージや整体をすぐ利用することや筋トレ・ストレッチなどを自己流でおこなうのは避けましょう。

腰痛は、腰以外に疾病がある場合でも起こることがあります。まずは整形外科を受診し、原因を特定するのが大事。整形外科へ行っても原因が分からない場合は、精神科や心療内科を受診してみましょう。

また筋トレ・ストレッチも、適度ならば問題ありません。しかしやり過ぎるとかえって負荷がかかってしまうので、痛みが悪化する可能性があります。筋トレ・ストレッチで痛みを緩和したいときは、医師に相談してからおこないましょう。

ストレス性の腰痛を対処する方法

ストレスによって腰痛が起こっている場合は、原因となっているストレスを解消するのがポイント。また腰痛が起きにくくなるように、冷え対策や適度な運動も大事です。

腰を冷やさない

腰痛は、血流不足が原因。腰が冷えた状態だと、さらに腰痛が悪化してしまう恐れがあります。腹巻きなどを活用したり、なるべく体を冷やす食べ物を控えて、対策していくことが大事。生姜など、体の内側から温められる食材を食事に取り入れてみましょう。

また普段はシャワーだけで済ましてしまうという人は、入浴してみるのもおすすめ。お湯に浸かると腰痛の緩和になるのはもちろん、ストレスを解消することも可能です。

適度に運動する

過度な負荷がかかる運動は、腰痛を悪化させてしまう可能性がありますが、適度な運動は徐々に筋力を上げ、また全身の血流を促進するため腰痛の緩和につながります。

おすすめは20〜30分程度のウォーキング。腰への負担も少なく、かつ筋肉を鍛えることもできます。また手足を大きく動かして歩くと、全身の血流を巡らせることが可能です。

睡眠をしっかり取る

ストレスの解消には、運動や入浴などさまざまな方法がありますが、睡眠はストレス解消の方法として最適です。しっかりと睡眠時間を確保し、質の良い眠りを取るだけで、心身ともにストレスを解消できます。

ストレスを溜めない

ストレスが原因で腰痛が引き起こされているとしたら、自分のストレスの原因がどこから来ているのかをはっきりと知ることも大事です。

原因によっては、1人での解決が難しいかもしれません。その場合、家族や友達の力を借りてください。それが難しかったらカウンセリングを受けてみるのもおすすめ。ストレスの原因は人によってさまざまですが、自分1人で抱え込まずに、信用できる人に話を聞いてもらいましょう。

関連する記事

音楽が睡眠に与える効果とは?スローテンポで歌詞のない音楽が最適。

音の種類や音量、聴くタイミングによっては、音楽で安...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

胴長短足になる原因とは?視覚効果を利用して脚を長く見せる。

胴が短く、脚がすらっと長いスタイルは多くの人の憧れ...

2019年07月18日, ボディーケア&治療

お腹が張る原因とは?運動不足や姿勢の悪さも影響。

「お腹が張ってスッキリしない」と悩む人は多いはず。...

2019年07月18日, ボディーケア&治療