睡眠の質を高めるマッサージとは?頭皮を刺激して、眠りやすくなる効果も。

睡眠の質を高めるマッサージとは?頭皮を刺激して、眠りやすくなる効果も。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , マッサージ

ヘアサロンで頭や頭皮をマッサージされているとき、気持ちよくてつい眠たくなってしまった経験のある人もいるはず。マッサージによって血流が良くなると、脳や体がリラックスできます。

血流が促進されているとき血管は拡張し、血圧は下がった状態です。血圧が下がると眠くなる特徴があり、このおかげで眠りに落ちやすくなります。

デスクワークなどでパソコンを使う時間の長い人は、とくに頭皮が硬くなりがち。ここでは、頭・頭皮を中心に睡眠の質向上につながるマッサージ法を紹介します。簡単にできるので、毎日寝る前に取り入れてみましょう。

睡眠の質を高める、頭皮のマッサージ法

普段、頭皮の硬さについて気にする機会は少ないはず。健康的な頭皮は柔らかく、指で押したときに反発するような弾力があります。しかし、頭皮が凝ってむくんでいると低反発のような状態で、押しても指は跳ね返りません。

まずは自分の頭皮をセルフチェックし、硬くなっていたら積極的にマッサージを実践しましょう。

マッサージ方法

手の指を開いた状態で頭皮に添えたら、頭皮全体を手で温めるようなイメージで、頭皮全体を前後に動かしていきます。ポイントは、指でピンポイントに押そうとせず、手のひら全体を使って頭を包み、頭皮を大きく動かすことです。

力を入れることなく、ふんわりソフトタッチで適度な圧をかけ、心地よさを感じながら刺激しましょう。

睡眠に有効なツボを使ったマッサージ

体には約361ものツボが存在しており、睡眠の質を高めるうえで役立つものもあります。ツボを使ったマッサージで心身をリラックスさせることで、すんなりと入眠することが可能に。

ツボを押すときの基本は、ゆっくりと深い呼吸をしながら、息を吐くタイミングでツボを押し、その状態を10~20秒程度キープすること。息を吸いながら力を弱めてください。

失眠(しつみん)のツボ

失眠は中国語で「不眠」という意味で、不眠で悩んでいる人におすすめのツボです。

刺激することで血流が良くなって脳がリラックスすることから、安眠効果を得ることができます。そのほか、下半身の冷え・むくみの解消にも効果的なツボです。

場所は、かかとの膨らんでいる部分の中心。両手の親指を重ねた状態で、少し強めに真上から押していきましょう。

内関(ないかん)

内関は、自律神経を整えて不安・ストレスの緩和に役立つツボです。そのほか、胃をはじめとする消化器系の不調にも効果を期待できます。吐き気・嘔吐にも有効で、乗り物酔いをしたときに刺激するのもおすすめ。

手を軽く握ってグーを作ったとき腕の中心に現れる2本の筋を確認したら、手首の1番太いシワから人差し指~薬指までの3本を置いてください。人差し指の位置と2本の筋の中央線が交わり、くぼんでいる部分が内関のツボです。

百会(ひゃくえ)

百会は自律神経のバランスを整え、副交感神経を優位にしてくれるツボです。刺激するとリラックス効果を感じられ、不眠症の緩和につながります。そのほか、ストレス・頭痛・めまい・耳鳴りの緩和にも役立つツボです。

場所は、鼻の先端からまっすぐ引いたラインと両耳の先端から結んだラインが交差する頭頂部。両手の中指を使って、気持ち良いと感じる強さでマッサージしましょう。

関連する記事

都内マッサージの相場を紹介:初回限定価格を上手く利用しよう!

都内にはマッサージをしてくれるお店が多くあります。...

2019年07月18日, マッサージ

ツボの科学的根拠とは?自律神経のバランスを整え、うつ病治療にも。

ツボは気の通り道である経路の要点で、全身に位置する...

2019年07月18日, マッサージ

ツボの効果とは?自然治癒力を高めて、コンディションを整えよう。

手軽にできるセルフケア法として知られるツボ押し。体...

2019年07月18日, マッサージ