マッサージもめんどくさいとき、手抜きでも不調を解消しよう。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , マッサージ

「疲れすぎてマッサージするのもめんどくさい、けれどむくみは解消したい」と思っている人も多いはず。デスクワークで座りっぱなし・立ちっぱなしの時間が長くなると、足のむくみに悩まされがちです。

むくみを放置してしまうと全身の血流が悪化し、さらなる不調につながる恐れも。さらに、脂肪と複雑に絡み合ってセルライトが形成される可能性もあります。

ここでは、マッサージをすることなくむくみ解消につながる方法を紹介。疲れたときでもむくみをケアし、翌日のコンディションを整えましょう。

足を枕に乗せる

寝る前におすすめの簡単なむくみ解消法として、2~3分ほど足を枕の上に乗せておく方法がおすすめです。寝る前に布団のなかでリラックスしている間、足を15~20cmほど高くしておくだけで、むくみや疲れが取れやすくなります。

枕でなくても、クッションやバスタオルを丸めたものなど、足を乗せて段差ができるものであれば構いません。

就寝中は枕を外そう

この方法で注意するポイントは、寝ているときは枕から足を外しておくこと。寝ている間も枕に足を乗せておくと、足に巡る血流が悪くなってしまう恐れがあります。寝る前のリラックスタイムだけにしておきましょう。

入浴する

マッサージがめんどうに感じるときは、湯船に浸かるのも有効です。38~40度のお湯に浸かることで、血行が促進されてむくみ解消につながります。体が温まることで、入眠しやすくなる効果も。

ボールを足裏で転がす

体を支えている足裏には、疲労が溜まりがちです。ゴルフボールやテニスボールを使って足裏を刺激すると、疲れやむくみの解消に効果的。

足裏には全身の内臓や器官につながる反射区(ツボ)が多数あり、足裏でボールを転がしてまんべんなく刺激することで効率よく疲労回復できます。

刺激しているときに痛みを感じる部分があれば、そこにつながる内臓・器官が弱っている証拠。痛みを我慢するほど強く刺激する必要はありませんが、痛みを感じた部分を念入りに刺激しましょう。

ちょっと余力があるときは、簡単なリンパマッサージを

少し余力がある場合には、足首→太ももの付け根までリンパを流すマッサージがおすすめです。手を軽く握ってグーを作り、足首から上に向かってリンパを流していきましょう。

筋肉のコリをほぐすこともでき、足の重だるさがスッキリするメリットもあります。

マッサージをするときは、オイルやクリームで滑りを良くしよう

リンパマッサージをするときは、肌を撫でるようなイメージで優しく流すのがポイントです。オイルやクリームを使うことで、肌を傷つけることなくスムーズにマッサージできます。

バンビウォーターはスリミング効果も期待できるマッサージジェル。洗い流す必要がないので、そのまま眠ることもできておすすめです。

バンビウォーターをチェック(公式サイト)

飲酒後のマッサージは避けて

マッサージによって血流が良くなると、アルコールのまわりも早くなってしまい、体には大きな負担となります。飲酒後のマッサージは避けましょう。

また、妊娠中・心臓病や糖尿病といった疾患のある人は、専門家に相談のうえマッサージしてください。

関連する記事

都内マッサージの相場を紹介:初回限定価格を上手く利用しよう!

都内にはマッサージをしてくれるお店が多くあります。...

2019年07月18日, マッサージ

全国展開マッサージ店のクーポン情報:お得に体のコリをほぐそう

肩こりなど体のコリで悩んでいる方は、マッサージ店で...

2019年07月18日, マッサージ

生理中にマッサージしても大丈夫?生理痛の緩和にも効果的。

マッサージ店に行くときや自分でマッサージをしたいと...

2019年07月18日, マッサージ