上半身にあるツボとは?疲れや肩こり・冷えなどの不調を解消しよう。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , 部位別:ツボ押しの秘訣

WHOによると、ツボの数は全身に361あると定められています。ここでは、上半身に存在し、代表的な不調の解消に役立つツボを紹介。

ツボ押しの基本は、ゆっくり深呼吸して、ツボを押した状態を5~10秒ほどキープすることです。息を吐きながらツボを押さえ、吸いながら緩めていきましょう。

効果を実感するまでに個人差があるので、とくに回数は決まりがありません。自分が効果を得やすいと感じる回数や押し方を見つけてみてください。

百会(ひゃくえ)

百会は、多くの経絡が集まっているツボです。自律神経のバランスを整えて、副交感神経を優位にさせるためリラックス効果が得られます。不眠症の症状を緩和するうえでも役立ち、頭痛・めまい・耳鳴りなどにも有効です。

ツボの場所と押し方

場所は頭頂部にあり、鼻の先端からまっすぐ引いた線と両耳の先端から結んだ線の交差点です。両手の中指を使い、呼吸に合わせて気持ち良い強さで刺激してください。

合谷(ごうこく)

合谷は効能の多さから万能のツボとも呼ばれ、肩こり・めまい・生理痛・初期の風邪・自律神経の乱れなど、数多くのトラブルに有効です。

ツボの場所と押し方

場所は手の甲側にあり、親指と人差し指の骨が分かれている部分から人さし指側に寄った部分です。刺激する方と反対の親指をツボにあて、少し強めの力で押し揉むように刺激してください。

労宮(ろうきゅう)

労宮は血流を良くし、緊張を和らげてストレスを緩和する効果が期待できるツボです。自律神経の乱れを整えてくれるので、気持ちを落ち着かせたいときにもピッタリ。

ツボの場所と押し方

場所は手のひらの中心にあり、手を軽く握ったとき中指が手のひらに当たる部分です。刺激する側と反対の親指を使い、痛気持ち良いと感じる程度に押してください。

口瘡点(こうそうてん)

口瘡点は、口内炎の痛みや炎症を和らげ、症状を改善してくれるツボです。唾液が出やすくなるので、口臭予防としても役立ちます。

ツボの場所と押し方

場所は、中指と手首のシワ部分の中央です。親指を使って、少し強めの力でツボを押しましょう。ボールペンのキャップを使って刺激するのも有効です。

曲池(きょくち)

曲池はシミやくすみなど美容にも有効で、ホルモンバランスを整えて血流を改善してくれるツボです。腕の疲れを解消し、胃腸など消化器の不調にも効果的。

ツボの場所と押し方

場所はひじを曲げたときにできる横シワの外側で、少しくぼんだ部分です。親指がツボにあたるように、片方の手でひじを抱えるように持ってください。親指を使って少し強めの力で刺激し、2分を目安に指圧を繰り返しましょう。

中府(ちゅうふ)

中府は、呼吸器の機能を高めるうえで有効なツボです。せきや喘息など呼吸器に関わる症状、四十肩・五十肩の改善にも効果的。また、肌荒れやバストアップにも有効と言われています。

ツボの場所と押し方

場所は鎖骨の両端から指1本分ほど下がった部分です。中指か中指を含む3本指で、円を描くように軽く力を加えながら押してください。

関連する記事

くるぶしのツボとは?優しく押して、むくみや老廃物を解消しよう。

足には、たくさんのツボがあります。くるぶしにもあり...

2019年07月24日, 部位別:ツボ押しの秘訣

お腹のツボで内臓の働きを助けよう。押すことで不調がわかる。

お腹のツボを押すことで、消化器系の内臓に働きかけ、...

2019年07月24日, 部位別:ツボ押しの秘訣

脾臓に効くツボとは?消化吸収をサポートする効果も。

脾臓(ひぞう)とは、左の肋骨の下部分にあり、胃と腎...

2019年07月24日, 部位別:ツボ押しの秘訣