ツボの歴史とは?平安時代の貴族も、お灸で不調を解消していた。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , マッサージ

ツボを扱う鍼灸医学は、2,000年以上前に中国で誕生しました。体を流れている気の通り道(経脈)に関する記述は、紀元前2世紀頃に作られた文献にも書かれています。

日本には6世紀ごろに鍼灸の知識が伝わり、律令制度によって鍼灸を扱う医療職として鍼博士、鍼生といった官職が設けられるように。平安時代、鍼博士の地位にあった丹波康頼が中国の医学書をもとにして編纂した『医心方』は、日本に現存する最古の医学全書です。

ここでは、長いツボの歴史について理解を深めてみましょう。

日本に伝来するまで

ツボ(経穴)を利用する鍼灸医学の歴史は、2,000年以上前の古代中国まで遡ります。鍼やモグサを使った「お灸」による治療は、戦国時代の文献にも登場しているほど。

漢代に入ると、現在の東洋医学が基礎としている『黄帝内経』が編纂されました。黄帝とは、古代中国で医薬を司る伝説上の皇帝を指します。

日本に伝来した6世紀~平安時代は、お灸が中心

鍼灸の知識が朝鮮半島から日本に伝来したのは、6世紀ごろ。平安時代までは、お灸による治療が中心で、外科的な処置をおこなう方法として利用されていました。

平安時代に貴族が起こした日記には、灸治療に関する内容もしばしば見られます。

室町時代の後期には、鍼が盛んに

室町時代後期に入ると鍼治療が盛んになり、国内では多岐に渡る鍼の流派が誕生しました。この頃、ツボ(経穴)と経脈に関する研究が頻繁におこなわれ、江戸時代初期には経穴に関する学術的な研究書物が多く編纂されています。

元禄時代初期には、徳川綱吉から寵愛を受けた盲目の鍼師・杉山和一が、目の見えない人のために鍼灸に関する教育制度を確立。鍼を管に挿入した状態で刺す「管鍼法」は、この頃編み出され、日本鍼灸の特徴となっています。

明治~戦前は西洋医学の存在により、存続の危機に

明治時代になると西洋医学が導入され、漢方を含む日本の伝統的な医学は非正統として存続の危機に立たされました。鍼灸は営業資格として残ったものの、多くが視覚障害者が対象となります。

この頃、灸治療が民間療法として広く普及しました。原志免太郎博士は自ら足三里へ灸を据えることで104才まで現役医師として活躍し、灸に関する論文で初めて医学博士を取得した医師として知られています。

GHQによって鍼灸は禁止され、存続運動が起こる

戦後GHQは鍼灸を禁止しようとし、再び存続が危ぶまれました。鍼灸の存続運動が起こり、昭和22年12月には、「あん摩マッサージ指圧師、はり師きゅう師等に関する法律」の原型となる法律が制定されています。

戦後は科学的な根拠が求められるようになった時代で、研究や学会が数多く進められるようになりました。昭和30年代になると、ヨーロッパを中心に海外との学術的な交流も盛んに。

1979年、WHOが鍼灸治療の適応疾患を発表

1979年には、WHO(世界保健機関)が鍼灸治療の適応疾患を43ほど発表しています。臨床経験をベースとしており、研究上の根拠が伴っているとは限りませんが、鍼灸治療の適応性を示すものです。

1989年、鍼灸用語(経絡・経穴名称)がジュネーブ会議で正式に承認

鍼灸医学は世界的に広がり、1980年代初期からWHO西太平洋事務局(WPRO:Western Pacific Regional Office)を中心に、用語を標準化しようとする動きが始動。この結果、361の経穴・48の奇穴・頭鍼に関する用語が制定され、1989年にWHOジュネーブ会議にて正式に承認されています。

2008年、経穴の位置が国際化される

WPROは、2003年から伝統医学を国際標準化するプロジェクトをスタートし、そのもっとも大きな1つがツボ(経穴)の位置を標準化すること。日中韓の代表者が6回に渡って非公式協議をおこない、2008年に公式な経穴位置を制定しました。

このほか、漢方も含めた伝統的な医学の標準化など、国際的に標準化する動きが現在も進んでいます。

関連する記事

あんま、指圧マッサージとは?血流改善やアンチエイジング効果も。

溜まった疲れがとれない、なんとなく毎日だるい、とい...

2019年07月18日, マッサージ

押熊のおすすめマッサージ店4選。アクセスしやすいプライベートサロンを比較。

仕事や家事を長時間おこなうと、腰や肩、首に疲れが出...

2019年07月18日, マッサージ

更年期に効くツボとは?ホルモンバランスを整え、イライラ抑制効果も。

更年期はホルモンバランスが崩れることで精神的に不安...

2019年07月18日, マッサージ