疲れやだるさをとるツボとは?元気が出ないときにもピッタリ。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , ツボ押しで身体の不調を改善

なんだか疲れが溜まっている、体の重だるさが抜けない、と感じている人は多いはず。体の疲れを取り、不調を解消するには、手軽にできるツボ押しがおすすめです。

ツボを押すときに基本となるポイントは、深呼吸をしながらリラックスした状態になること。吐く息でツボを5~10秒ほど押し、吸う息で力を弱めていくのが目安となります。無理に力を入れて刺激せず、気持ち良いと感じる程度の力で刺激しましょう。

足三里(あしさんり)

足三里は、疲れだけでなく体の治癒力を高めてくれるツボです。胃とつながりがあると考えられています。昔から「足の疲れを取るなら足三里」と言われるほど、病気の予防や体力増強を目的として利用されてきました。むくみや膝の痛みにも有効です。

ツボの場所と押し方

場所は膝のお皿からすぐ下にあり、外側のくぼみに人差し指を添えたとき、小指が触れるところに位置しています。刺激する方と同じ側の親指を使って、ゆっくり刺激していきましょう。

湧泉(ゆうせん)

湧泉は全身の疲労回復に有効なツボ。万能のツボとしても知られており、全身が筋肉痛のとき・少し疲労感があるときにもピッタリ。

ツボの場所と押し方

場所は、足裏の真ん中よりも少し上で、指を曲げたときに少し凹んでいる部分です。2分を目安に押し続けると効果的。

曲泉(きょくせん)

曲泉は、気力をアップさせ、心身ともに活力をみなぎらせる効果のあるツボです。生殖器のトラブルや泌尿器疾患、腰痛の緩和にも有効です。むくみを解消する効果も期待できるので、慢性的にむくみやすい人にもおすすめ。

ツボの場所と押し方

場所は、膝を曲げたときにできる横シワの内側で、凹んだところです。親指を使って、気持ち良いと感じる程度に押してください。

外膝眼(がいしつがん)と内膝眼(ないしつがん)

ハードな運動やトレーニングの後、長時間のウォーキングで疲労を感じたときにピッタリのツボが外膝眼と内膝眼です。膝の痛みを緩和する効果も。

ツボの場所と押し方

場所は、膝のお皿のすぐ下で、両側にあるくぼんだ部分です。膝を手で包み込むようにして揉みながら、ツボを人差し指と中指で引き上げるようにして押してください。左右のツボを同時に刺激すると効果を高めることができます。

承泣(しょうきゅう)

承泣は目の疲れや頭痛を解消してくれるツボです。目の付近には毛細血管が多く張り巡らされており、ツボを刺激すると血管を拡張することができます。

ツボの場所と押し方

場所は、眼球が入っている眼窩(がんか)と呼ばれるくぼみの1番下に位置しています。ツボに人差し指の先を当てたら、指の先で細かく動かして20秒を目安に刺激しましょう。

太衝(たいしょう)

太衝は、肝臓の疲れ・肉体疲労・精神的ストレス・眼精疲労に効果的なツボです。刺激すると血流が促進され、冷えの改善にもつながります。

ツボの場所と押し方

場所は足の甲に位置し、足の親指と人差し指につながる骨の股にあたる部分です。親指を使って、ソフトに刺激しましょう。お灸をすえたり、ホットタオルやカイロなどを使って温めるのも効果的です。

関連する記事

自律神経のバランスを整えるツボとは?不安やストレスを鎮めよう。

生活環境の変化や過労、強いストレスなどで自律神経の...

2019年07月24日, ツボ押しで身体の不調を改善

貧血に効くツボとは?ツボマッサージで、冷え性・肌トラブルを改善。

貧血は偏った食事やダイエットなどで栄養のバランスが...

2019年07月24日, ツボ押しで身体の不調を改善

血圧を下げるツボとは?頭痛、肩こりや眼精疲労の解消効果も。

血圧の高さは血流が深く関係しているため、血流にアプ...

2019年07月24日, ツボ押しで身体の不調を改善