むくみを解消するツボとは?血液やリンパを流して、冷えも改善しよう。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , ツボ押しで身体の不調を改善

女性が悩みがちなトラブルとして代表的に挙げられる1つに、むくみがあります。むくみの解消には、リンパや血液をしっかり流してあげるのが大事。手軽にセルフケアするなら、ツボ押しがおすすめです。

ツボを押すときの基本は、深呼吸しながら息を吐くタイミングでツボを押し、そのまま5~10秒ほどキープすること。息を吸いながら力を弱めていきましょう。

効果を実感できるまでに個人差があるため、回数に決まりはありません。自分が効果を実感しやすい回数や押し方を見つけることが大事です。

三陰交(さんいんこう)

むくみだけでなく、女性が悩みがちな症状に万能なツボが三陰交です。血の巡りを整え、体を温めてくれる効果が高いので、むくみのトラブルが無くても押しておくのがおすすめ。

冷え・女性ホルモンのバランスが乱れることで生じる不調などにも有効です。朝起きたとき・夜寝る前の1日2回を目安にツボ押しを取り入れてみましょう。

ツボの場所と押し方

三陰交の場所は、内くるぶしから指4本分ほど上がったところに位置しています。足と同じ方の手で足を掴むように親指をツボに添えたら、呼吸に合わせてゆっくりと刺激していきましょう。

太谿(たいけい)

太谿は、腎機能を調節しているツボです。腎臓は老廃物を排出する役割を果たしており、機能の低下は疲れやすさ・むくみ・肌のくすみを招く原因に。太谿をしっかり刺激しておくことで、老廃物が排出されやすくなります。

ツボの場所と押し方

場所は内くるぶしとアキレス腱の間にあり、くぼんでいる部分。足首を手のひらで包むようにして、親指の腹を使って刺激してください。

いきなり強く押すと痛みを感じやすいツボなので、ソフトに押しはじめ、徐々に力を加えていきましょう。

志室(ししつ)

志室を刺激すると足に流れる血液循環が改善されるので、むくみや冷えの解消に有効です。疲労回復の効果も高く、腰痛を和らげることも可能。

ツボの場所と押し方

場所はウエスト上で、背骨から親指4本分ほど外側にスライドした部分です。親指の腹を使い、ゆっくりと押し込むように回しながらプッシュしましょう。

蠡溝(れいこう)

蠡溝は、足のむくみに効果を期待できるツボです。肝臓や泌尿器、生殖器の働きも促すことができ、生理不順や生理痛、排尿異常にも有効。

ツボの場所と押し方

場所は、内くるぶしから指5本分ほど上がったところに位置しています。痛気持ちいいと感じる強さで、親指を使って刺激してください。

築賓(ちくひん)

築賓を刺激すると、ふくらはぎの血行が促進され、冷えやむくみに有効です。ふくらはぎのみならず、下半身全体の血行を促進することができるので、慢性的なむくみで悩んでいる人にもピッタリ。

ツボの場所と押し方

場所は、ふくらはぎの内側にある脛骨(すね)の中間です。親指の腹を使って、ゆっくりと刺激していきましょう。

むくみがひどい場合は、湯たんぽやホットタオル、カイロなどを足裏にあてながらツボ押しをするのがおすすめ。血行を良くしたら、足を冷やさないように靴下を履くなど、足を温めるようにすると効果的です。

関連する記事

PMSに効果的なツボとは?冷えやむくみ、下腹部痛などの緩和に。

PMSの改善のためには、心身ともに健康であることが...

2019年07月24日, ツボ押しで身体の不調を改善

便秘を解消するツボとは?リラックスし、腸の働きを整えよう。

辛い便秘の症状を緩和させたいと考えている人は多いは...

2019年07月24日, ツボ押しで身体の不調を改善

血圧を下げるツボとは?頭痛、肩こりや眼精疲労の解消効果も。

血圧の高さは血流が深く関係しているため、血流にアプ...

2019年07月24日, ツボ押しで身体の不調を改善