体質改善に効果的なツボとは?血流を促して、不調を解消しよう。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , マッサージ

冷えやむくみといったトラブルに悩んでいる人は多いはず。不調に悩まない体質へと改善するには、手軽に実践できるツボ押しがおすすめです。

ツボを押すときは、指の腹を使ってツボを押した状態を5~10秒ほどキープすること。息を吐きながらツボを刺激し、吸いながら指の力を弱めていきましょう。効果を実感できるまでには個人差があるので、回数に決まりはありません。

深呼吸しながら気持ち良いと感じる強さで刺激し、体質改善につなげましょう。

冷え・むくみ・ホルモンバランスの乱れには、三陰交(さんいんこう)

三陰交は、女性が悩みやすい症状に万能なツボです。冷え・むくみ・女性ホルモンのバランスが乱れることで生じる不調などの改善に効果が期待できます。

血の巡りを整えて、体を温める作用が優れているので、不調を感じていないときでも刺激するのがおすすめ。朝起きたとき・夜寝る前の1日2回を目安にツボ押しを取り入れてみましょう。

ツボの場所と押し方

場所は、内くるぶしから指4本分ほど上がったところです。足と同じ方の手を使い、足を掴むようなイメージでツボに親指を添えたら、ゆっくりと刺激していきましょう。

肩こり・イライラには、合谷(ごうこく)

合谷は肩こりや冷えを緩和したり、イライラを鎮めて気持ちを落ち着かせるなど、さまざまな効果が期待できるツボです。手にあるので、シチュエーションを問わず押しやすいのが魅力。

ツボの場所と押し方

ツボの場所は、親指と人差し指の骨が交わる部分で、少し人差し指寄りのキワです。反対の親指を使って、グッと押し上げるように刺激しましょう。

肌のくすみ解消には、肩井(けんせい)

肩井は、肩や首を中心に頭部の血流を改善するため、肌のくすみを解消する効果が期待できます。デスクワークなどで同じ姿勢を続け、肩周りが緊張してコリが生じたときにも肩井のツボが役立ちます。

ツボの場所と押し方

ツボの場所は、首の後ろで出っ張っている骨と肩先の中心部分です。肩に手を添えたら、中指を使ってゆっくりと押しましょう。

便秘の解消には、曲池(きょくち)

便秘など胃腸に関するトラブルには、消化器系のバランスを整えてくれる曲池が有効です。便秘になるとニキビができやすい、という人も多いはず。曲池は大人のニキビを解消してくれる効果もあります。

ツボの場所と押し方

場所は、ひじを曲げたとき外側にできる筋の先端です。反対の親指を使って、ゆっくりと刺激しましょう。

慢性疲労や腰痛には、腎兪(じんゆ)

腎兪は、腰に重みやだるさを感じたり、慢性疲労に陥っているときにおすすめのツボです。腎臓にアプローチできるので、内臓の機能向上にもつながります。

ツボの場所と押し方

場所は、親指が背中にくるように腰骨に手を添えたとき、ちょうど親指が触れる部分です。両手を腰に当てたら、親指でツボを刺激しましょう。

下半身のむくみには、水分(すいぶん)

下半身のむくみを解消したいときは、水分のツボが有効です。

ツボの場所と押し方

場所は、おへそから指2本分ほど上がったところに位置しています。中指がツボに当たるよう、おなかに両手を添えたら、左右の中指を使ってツボを刺激してください。

眼精疲労には、攅竹(さんちく)と四白(しはく)

パソコンやスマホを長時間使って目に疲れを感じたり、眼精疲労が原因の頭痛を解消したいときは、攅竹と四白のツボがおすすめです。

ツボの場所と押し方

攅竹は、眉頭の下側で骨が凹んだ部分に位置しています。四白の場所は、目の下にある骨から指1本分ほど下がったところで、黒目のライン上です。それぞれのツボは、中指の腹を使って優しく刺激してください。

関連する記事

肩のリンパを流して、こりや顔のむくみを改善しよう。

肩こりは、多くの現代人が悩む体の不調です。肩を揉ん...

2019年07月18日, マッサージ

首のリンパをマッサージする方法とは?優しく刺激することが大切。

リンパが詰まっていると、老廃物が排出されずに溜まっ...

2019年07月18日, マッサージ

ツボの科学的根拠とは?自律神経のバランスを整え、うつ病治療にも。

ツボは気の通り道である経路の要点で、全身に位置する...

2019年07月18日, マッサージ