簡単に押せて不調を解消できるツボとは?セルフケアに取り入れよう。

簡単に押せて不調を解消できるツボとは?セルフケアに取り入れよう。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , マッサージ

だるさや疲れといった不調は、ツボ押しによって簡単にセルフケアできます。仕事中や寝る前など、気になったときに取り入れやすいのが魅力。

ツボを押すときは、深呼吸しながら息を吐くタイミングでツボを押し、そのまま5~10秒ほど押し続けて、息を吸いながら力を弱めていくのがポイントです。

ここでは、代表的な不調の解消に効果を期待できる、簡単にできるツボ押しを紹介。日課に取り入れて、コンディションを整えましょう。

足腰のだるさを解消する、命門(めいもん)

命門は、主に足腰のだるさを解消し、下痢や便秘など消化器官に関する症状の改善にも有効なツボです。ぎっくり腰の痛みを改善する効果も。

ツボの場所と押し方

場所は、左右の腎兪からちょうど中間地点で、背骨の上です。1分を目安に親指を使って押してみましょう。テニスボールなどを使い、ボールをツボにあててゴロゴロと寝ながら刺激するのも効果的。

中封(ちゅうほう)

中封は、腰のトラブルに有効なツボとして知られています。このツボを腰痛が生じているときに押すと、グリグリとした硬さとともに痛みを感じられるはず。そのほか、下半身の冷えやリウマチ、足の関節炎にも有効です。

ツボの場所と押し方

場所は、内くるぶしと足首の前面にある太い腱を結んだときに、ちょうど中央に位置しています。グリグリとした固まりを潰すようなイメージで、親指を使って刺激してください。

太衝(たいしょう)

足の甲に位置している太衝は、押すと痛みを感じやすいツボです。

刺激することで血流を促進し、冷えの改善につながります。慢性的な冷えを感じている人は、このツボを触ったときに冷たく感じたり、凹んだ感覚が得られるはず。

さらに、肉体疲労や精神的ストレス、眼精疲労、肝臓の疲れにも効果的です。

ツボの場所と押し方

場所は、足の親指と人差し指につながる骨の股にあたる部分。親指を使って、優しい力で刺激してください。お灸やホットタオル、カイロなどを使って温めるのも有効。

陽関(ようかん)

陽関は、消化不良や女性特有の症状に有効なツボです。骨盤の歪みや姿勢の乱れに悩んでいる人にもおすすめ。

ツボの場所と押し方

場所は、両手の親指を腰骨の縁にあてて、背骨に向かってスライドしていき、親指と背骨があたるところにあり、背骨の間にある凹んだ部分です。親指を使ってソフトに押しましょう。

秩辺(ちっぺん)

お尻の中央にある秩辺を刺激すると、腰痛の緩和や泌尿器疾患にも効果を期待できます。

ツボの場所と押し方

場所は、仙骨と尾椎の間から左右へ指4本分ほど移動した部分です。深呼吸しながら、ツボの周辺を軽くさすった後、両方の親指で体重をかけながらゆっくりと押してください。

腎兪(じんゆ)

腎兪は、生理痛(下腹部の痛みや腰痛)や冷えの解消に効果的なツボです。

ツボの場所と押し方

場所は、おへそのちょうど裏側で、くびれのライン上にある背骨から親指の幅1.5本分ほど外側に位置しています。

親指を使ってクルクルと小さく円を描くように押し揉んでください。また、ツボにお灸をしたり、カイロを貼って温めることで生理痛の予防にもつながります。

関連する記事

太もも筋肉のマッサージ法:筋肉太りを防いで美脚に!

太ももの筋肉は、一度つくと落ちにくい箇所です。女性...

2019年07月18日, マッサージ

脚のむくみを解消するマッサージ方法とは?強めに揉むのがポイント。

1日の終わりに脚のむくみやだるさを感じる、パンパン...

2019年07月18日, マッサージ

ツボの歴史とは?平安時代の貴族も、お灸で不調を解消していた。

ツボを扱う鍼灸医学は、2,000年以上前に中国で誕...

2019年07月18日, マッサージ