リラックスラボは、身体の調子を整える人のためのメディアです。

ぎっくり腰の痛みをツボで緩和しよう。手や足のツボでセルフケア。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , ツボ押しで身体の不調を改善

重いものを持ち上げたときなど、腰に急激な負担がかかることで生じるぎっくり腰。動けないほどの激痛が走ることも多く、息がしづらくなる場合も。

ぎっくり腰になったときは、まず痛みが悪化しない姿勢をとり、安静にすることが大事です。患部である腰を刺激すると、筋肉の緊張が硬くなってしまい逆効果になります。

痛みを緩和したいときは、手軽に実践できるツボ押しがおすすめです。ツボは全身に位置しており、ぎっくり腰に効くツボは主に手の甲や足にあります。場所を覚えておいて、痛みの緩和に役立てましょう。

ぎっくり腰になったら、まずは安静に

ぎっくり腰になってしまったときは、まず安静にする必要があります。痛む方が上にくるように横向きで寝転びましょう。

落ち着いたら、上になっている側のツボを押してください。正しくツボを押せていると、腰へ響いている感覚が得られるはず。

ツボ押しのポイント

ツボを押すときは、深呼吸して体をなるべくリラックスした状態にさせておくことが大事です。また、息を吐くタイミングでツボを押し、そのまま5~10秒ほどキープさせたら、息を吸いながら手の力を緩めていきましょう。

腰腿点(ようたいてん)

腰腿点は痛くて身動きが取れないときに有効で、腰痛の特攻ツボと呼ばれています。ぎっくり腰のときに押すと、ジワジワと痛みを感じられるはず。

ツボの場所と押し方

ツボの場所は、手の甲側に2箇所あります。人差し指と中指の間を手首に向かってスライドさせたときに引っかかる部分と、薬指と小指の間を同様にスライドさせたときに引っかかる部分です。

親指と人差し指をツボにあて、中指に向かって円を描くようなイメージで押し揉みましょう。左右合わせて4箇所を1日に2~3回、同じ箇所を約1~2分を目安に刺激してください。

太衝(たいしょう)

太衝は、頭のてっぺん~足の指先までの気が流れる経路があり、刺激することで気の流れが良くなると考えられています。ぎっくり腰のときに太衝を刺激すると、即座に痛みが感じられるはず。

ツボの場所と押し方

場所は足の甲に位置し、親指と人差し指につながる骨を指でスライドしたときに股にあたる部分です。腰痛点と似た場所に位置しています。親指を使い、足首に向かって刺激しましょう。

中封(ちゅうほう)

中封はぎっくり腰や腰痛に効果的なツボ。心の不調や神経症の改善にも効果を期待でき、気分が落ち込んだときにも有効です。

ツボの場所と押し方

まずは、足のつま先を上に反らし、内くるぶしの前側に浮き出てくる腱を見つけましょう。この腱と内くるぶしの間にできたくぼみの中心にあり、痛みを感じる部分が中封です。

ぎっくり腰のときに中封を押すと、グリグリとした塊のようなものを感じられるはず。これを潰すようなイメージで押さえてください。

崑崙(こんろん)

崑崙はぎっくり腰だけでなく、足の痛みや冷え、鼻づまり・鼻水、めまいにも有効なツボです。花粉症で鼻がつまり、鼻水が止まらないというときにもピッタリ。

ツボの場所と押し方

場所は、外くるぶしとアキレス腱の間にあるくぼんだ部分です。親指の腹を使って、ゆっくり押していきましょう。

関連する記事

下痢の症状を楽にするツボとは?ストレス解消も大事。

下痢の症状は、腸がけいれんを起こして動きが通常より...

2019年07月24日, ツボ押しで身体の不調を改善

寝不足に効くツボとは?血流を促進して、むくみを解消する効果も。

寝不足が慢性化すると糖尿病、心疾患から認知症まで病...

2019年07月24日, ツボ押しで身体の不調を改善

血圧を下げるツボとは?頭痛、肩こりや眼精疲労の解消効果も。

血圧の高さは血流が深く関係しているため、血流にアプ...

2019年07月24日, ツボ押しで身体の不調を改善