ツボ押しでデトックスしよう。むくみや肌のくすみを改善。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , マッサージ

体内に老廃物が溜まってしまうと、むくみや肌のくすみなど不調につながります。デトックスするにはさまざまな方法がありますが、手軽に実践できる方法としてツボ押しがおすすめです。

ここでは、デトックスに役立つツボを紹介します。ツボを押すときのポイントは、ゆっくり深呼吸しながら心身をリラックスさせた状態になり、ツボを5~10秒ほど押したままでいること。

効果を実感するまでには個人差があるため、回数に大きな決まりはありません。自分が効果を得やすいと感じる回数や押し方を見つけてみましょう。

太谿(たいけい)

太谿は、腎機能をコントロールしてくれるツボです。腎臓は老廃物を排出する役割を果たしています。機能が低下してしまうと疲れやすくなったり、むくみや肌のくすみが生じる原因に。しっかり刺激することで、老廃物を排出しやすくなります。

ツボの場所と押し方

場所は内くるぶしとアキレス腱の間で、くぼんでいる部分です。触ると脈を感じることができるので、簡単に見つかるはず。足首を手のひらで包むようなイメージで、親指を使って刺激しましょう。

いきなりギュッと強く押すと痛みを感じる可能性が高いので、始めは優しく指圧し、徐々に力を加えていきましょう。

湧泉(ゆうせん)

湧泉は、エネルギーが泉のごとく湧き出る、という意味を持っているツボです。体の疲れを癒して、全身の血行を促進してくれます。冷え性や生理痛、高血圧、不眠、腎臓疾患といった症状の改善にも有効です。

ツボの場所と押し方

場所は、足の指をぎゅっと縮めたときに足裏が1番へこんでいる部分。両手の親指を重ねるようにしてツボにあてたら、深呼吸しながら息をゆっくり吐くタイミングでツボを押しましょう。息を吐ききったら、息を吸いながら力を弱めてください。

労宮(ろうきゅう)

労宮を刺激すると血流が良くなり、緊張を和らげてストレスを緩和する効果が期待できます。自律神経の乱れを整えてくれる効果もあるので、ストレスやイライラを鎮めたいときにもおすすめです。

ツボの場所と押し方

場所は手のひらの中心で、手を軽く握ったときに中指が手のひらに当たる部分。反対の親指を使って、痛気持ち良いと感じる程度に刺激しましょう。

腎兪(じんゆ)

腎兪は、デトックスだけでなく腰痛の緩和にも効果的なツボです。

ツボの場所と押し方

おへそのちょうど裏側で、くびれのライン上にある背骨から親指1.5本分ほど外側に位置しています。親指の腹を使い、ゆっくりと指圧しましょう。小さい円を描くように、クルクルと回しながら刺激するのもおすすめです。

志室(ししつ)

志室は、冷えや疲労回復に効果があり、腰痛の緩和にも役立ちます。刺激することで足へと流れる血液循環が良くなり、むくみや冷えの解消につながります。

ツボの場所と押し方

場所は、ウエストのライン上で背骨から親指4本分ほど外側に移動した部分です。親指を使って、ゆっくりと回しながら押し込むように刺激しましょう。

関連する記事

すすきのマッサージ店5選。マッサージで肩や腰のこりをとろう。

買い物や観光での足の疲れ、日常生活で溜まった疲労に...

2019年07月19日, マッサージ

五所川原のマッサージ店5選。心と体をリフレッシュしよう。

マッサージには行きたいけど、値段が高そう、施術に時...

2019年07月18日, マッサージ

生理中にマッサージしても大丈夫?生理痛の緩和にも効果的。

マッサージ店に行くときや自分でマッサージをしたいと...

2019年07月18日, マッサージ