生理痛や生理不順に有効なツボとは?1週間前から押して、予防しよう。

生理痛や生理不順に有効なツボとは?1週間前から押して、予防しよう。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , マッサージ

薬に頼ることなく生理痛を和らげる方法を知りたい、と考えている人は多いはず。体の不調を手軽にケアする方法として、ツボ押しがおすすめです。

生理痛の緩和・生理不順に有効なツボは、主にお腹や手、足に位置しています。ツボを押すときは、ゆっくりと深呼吸しながら、ツボを押した状態を5~10秒ほどキープすることが大事。心身をリラックスさせて、気持ち良いと感じられる強さで刺激しましょう。

ホットタオルやカイロを使って、ツボを3~5分ほど温めるのもおすすめです。生理が始まる1週間前からツボを押すことで、生理痛のトラブル予防にもつながります。

気海(きかい)

気海は、生理痛の緩和や生理不順だけでなく、便秘や下痢の改善にも有効なツボです。生理前は便秘になりやすい人にもピッタリ。場所は、おへその下から指2本分ほど下がった部分にあります。

関元(かんげん)

関元は、生理痛や生理不順だけでなく、腰痛や冷え性の改善にも役立つツボです。場所は、おへその下から指4本分ほど下がった部分にあります。カイロやホットタオルでツボ周辺を温めるのも有効。

中極(ちゅうきょく)

中極は、生理痛の緩和・生理不順に加えて、膀胱のトラブルを改善してくれるツボです。場所は、関元から指1本分ほど下がったところで、恥骨から親指1本分ほど上に位置しています。

帰来(きらい)

帰来は、生理痛の緩和はもちろん、婦人科系・膀胱のトラブル解消に役立つツボです。場所は、中極から左右に指3本分ほど離れた部分に位置しています。

合谷(ごうこく)

合谷は、生理痛や頭痛、歯痛、肩こりなどを和らげる効果を期待でき、万能のツボとも呼ばれています。ストレス緩和にもつながるので、イライラしたときに押すのもおすすめ。

場所は、手の甲側で、親指と人差し指の骨が交わる部分から、少し人差し指寄りにあるくぼんだ部分です。

血海(けっかい)

血海を刺激すると、血流を整えてくれることから、生理痛の緩和や生理不順の改善につながります。経血量を整える効果も。場所は、膝のお皿の内側から指2.5本分ほど上です。

足三里(あしさんり)

足三里にも血流を整える効果があり、生理痛の緩和や胃腸の不調に有効なツボ。場所は、膝のお皿の外側にあるくぼんだ部分から、指4本分ほど下がったところで、スネの外側に位置しています。

三陰交(さんいんこう)

三陰交は、生理痛の緩和や婦人科系の症状、冷え性の解消に効果的なツボです。場所は、内くるぶしの1番高い部分から指4本分上がったところで、スネの後ろ側にあるくぼんだ部分。

照海(しょうかい)

照海を刺激することで、生理痛や冷え性の症状を緩和し、生理不順を整える効果を期待できます。場所は、内くるぶしの1番高い部分から親指1本分下がったところで、内くるぶしの真下にあるくぼんだ部分です。

ツボ押しの注意点

食事をしたすぐ後やお酒を飲んだとき、妊娠中はツボ押しを避けた方が良いと言われています。消化不良や体調不良を招いてしまう恐れがあるので、違和感がある場合は無理せず中止しましょう。

関連する記事

睡眠の質を高めるマッサージとは?頭皮を刺激して、眠りやすくなる効果も。

ヘアサロンで頭や頭皮をマッサージされているとき、気...

2019年07月18日, マッサージ

簡単に押せて不調を解消できるツボとは?セルフケアに取り入れよう。

だるさや疲れといった不調は、ツボ押しによって簡単に...

2019年07月18日, マッサージ

便秘に即効のツボとは?胃腸の調子を整える効果も。

体には本来、食物を取り入れたら胃や腸で吸収し、大腸...

2019年07月18日, マッサージ