入浴中・お風呂上がりにおすすめのツボとは?押しやすい足のツボを紹介。

入浴中・お風呂上がりにおすすめのツボとは?押しやすい足のツボを紹介。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , マッサージ

入浴中の時間を有効に使いたい、と思っている人も多いはず。入浴中は体のコンディションを整える効果もある、ツボ押しでボディケアするのがおすすめです。

ツボは全身に存在していますが、ここでは全身の臓器や器官につながる反射区が集まる、不調やデトックスに効果的な足裏のツボを紹介します。入浴中だけでなく、体が温まって血行が良くなっているお風呂上がりにツボを刺激するのも有効です。

ツボを押すときのポイントは、ゆっくりと深い呼吸を続けながら、息を吐くタイミングでツボを押し、5~10秒ほど押した状態をキープすること。体がリラックス状態にあることが大切なので、呼吸を止めることなくツボを刺激しましょう。

簡単にツボ押ししたい人は、足裏をまんべんなく刺激しよう

足裏には、全身に位置する臓器や器官につながる反射区が存在し、体の左側は右足・体の右側は左足に対応しています。

手軽にツボを刺激したいときは、足裏を全体的にまんべんなく押し揉み、痛いと感じる部分を重点的に押すのがおすすめです。痛みを感じる原因は、そこにつながる器官が弱っている証拠だと考えられています。

手のひらにあるツボを刺激するのも有効

足裏を揉むのが面倒に感じる場合は、手を揉むのも有効です。手のひらにも足と同様にツボが存在しており、反射区も足とほぼ同じです。足を揉むときと同じように、右手で左手を・左手で右手をまんべんなく揉み、痛みを感じた部分を重点的にほぐしましょう。

湧泉(ゆうせん)を刺激して、むくみ解消

足裏にある湧泉を刺激すると、余分な水分を体外へ排出し、むくみを解消する効果を期待できます。

むくみが生じる原因は、体内に余分な水分が滞ってしまうことです。血液やリンパの流れが悪化すると、余分な水分が体外へ排出されず、むくみが出てしまいます。

全身の血行促進に効果的な湧泉のツボは、万能のツボとも呼ばれ、むくみ以外にも冷え性や便秘、自律神経を整えるうえでも有効。

ツボの場所と押し方

湧泉の場所は、あぐらをかいた状態で足裏を縦にしたとき、土踏まずの上辺りで1番凹んでいる部分です。両方の親指を使って、痛気持ち良いと感じる強さでゆっくり押していきましょう。呼吸に合わせながら、1~2分繰り返してください。

八風(はっぷう)を刺激して、冷え性をケア

足にある八風というツボは、末端冷え性、自律神経に効果的です。刺激することで血流が改善され、体温アップにつながります。

ツボの場所と押し方

ツボの場所は、足の指と指の間で、付け根に位置しています。8秒以上かけて、少し強めに押しましょう。10回~15回を目安に刺激してください。

崑崙(こんろん)を刺激して、腰痛を緩和

崑崙は、ギックリ腰などの急性腰痛によく効くツボです。重いものを持つなど、腰は日常生活で負担がかかりやすい部位の1つ。ツボ押しで毎日ケアしましょう。

ツボの場所と押し方

場所は、かかとの外側で、アキレス腱横の溝にあります。無理に押したり揉むことはせず、痛気持ちいくらいの力加減で刺激してください。

関連する記事

マッサージとエステの違いとは?自分の目的に合ったほうを利用しよう。

近年、マッサージサロンやエステサロン、リラクゼーシ...

2019年07月18日, マッサージ

顔、手、足。悩めるむくみの原因と対策を知って、解消しよう。

むくみの悩みが尽きることがない、という人も多いはず...

2019年07月18日, マッサージ

睡眠の質を高めるマッサージとは?頭皮を刺激して、眠りやすくなる効果も。

ヘアサロンで頭や頭皮をマッサージされているとき、気...

2019年07月18日, マッサージ