妊娠中に避けるべきツボ・安産に効くツボとは?

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , マッサージ

妊娠中はホルモンバランスに変化が生じることにより、頭痛・腰痛・めまい・むくみ・こむら返り・便秘・不眠など、さまざまな不調が起こりがちです。不調をケアする方法として、手軽に取り組めるツボ押しがあります。

しかし、合谷(ごうこく)や肩井(けんせい)といったツボは、妊娠中に強く刺激してしまうと流産につながる恐れも。ここでは、妊娠中に避けたいツボ・安産に効果的なツボをおさえておきましょう。

妊娠中に避けるべきツボ:合谷と肩井

妊娠中に避けるべきツボには、合谷と肩井が挙げられます。強い刺激を受けると、流産につながる危険性があるので、ツボ押しや鍼を刺すことは避けましょう。

合谷

合谷の場所は親指と人差し指の骨の間で、少し人差し指側です。首や肩のコリ、寝違えや胃腸のトラブル、歯痛や高血圧などに効果を期待でき、万能のツボと呼ばれています。

自分で押しやすい場所にあるので、紹介されることの多いツボですが、堕胎のツボとしても知られていて、臨月に入る前に強く刺激してしまうと流産する恐れも。妊娠中に鍼を刺すことも禁止されているので、刺激を避ける必要があります。

肩井(けんせい)

肩井は、首の後ろに指を当ててスライドさせたとき、もっとも出っ張っている部分と、肩を上げたときに前側に生じるくぼみを結んだ中央部分に位置しているツボです。

肩こりに有効なツボとして知られていますが、このツボも妊娠中に鍼を刺すことが禁止されています。強い指圧も避けた方が良いと考えられているツボです。

妊娠時期や目的によって気をつけるべきツボ:三陰交(さんいんこう)

三陰交は、内くるぶしから指4本分ほど上にあり、スネの骨から少し内側に位置しているツボ。

生理痛や月経不順、更年期障害、冷えをはじめとする婦人科系のトラブルに有効ですが、妊娠中はむやみに鍼を刺さないように推奨されています。妊娠初期・中期などに強い刺激を与えてしまうと、流産につながる恐れがあるので避けましょう。

一方、安産を目的として三陰交にお灸をすえたり、逆子の場合に使用されることもありますが、刺激量には注意する必要があります。さらに、陣痛促進のツボとしても知られており、陣痛を促したいときに効果的なツボです。

安産に効果的なツボ:足三里と腎兪

妊娠中に避けるべきツボをおさえたうえで、安産に効果的なツボを覚えておきましょう。目安としては1日1~2回ほど、ソフトに刺激するのがポイントです。ゆっくりと深呼吸しながら、リラックスした状態でツボを押しましょう。

足三里(あしさんり)

足三里は、膝のくぼみから指3本分ほど下にあり、スネのすぐ外側に位置しています。胃腸を強くするとともに免疫力を高めてくれ、足のだるさやむくみ・消化不良にも有効です。

腎兪(じんゆ)

腎兪はウエストにあり、背骨から指2本分ほど外側に寄ったところに位置しています。内臓の機能低下・冷え性・腰痛に効果的です。

両手の親指をあてながら優しく刺激ししましょう。触ったときに冷たさを感じる場合は、カイロや温かいタオルなどで温めるのも有効。

関連する記事

理想のふくらはぎになるためには、マッサージでリンパを刺激して血行を改善しよう。

ミニスカートやタイトなパンツを履いたとき、すらっと...

2019年07月18日, マッサージ

生理痛や生理不順に有効なツボとは?1週間前から押して、予防しよう。

薬に頼ることなく生理痛を和らげる方法を知りたい、と...

2019年07月18日, マッサージ

マッサージはダイエットのサポートに最適。痩せやすい体質を目指せる方法とは?

ダイエットのときに、運動や食事制限と一緒にマッサー...

2019年08月20日, マッサージ