花粉症に効果的なツボとは?目のかゆみや鼻水・鼻づまりを解消しよう。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , ツボ押しで身体の不調を改善

「目がかゆくて仕方ない」、「鼻水が止まらない」といった辛い花粉症の症状を緩和したいとき、手軽にできるツボ押しがおすすめです。

ツボを押すときのポイントは、深呼吸しながらリラックスした状態で、1つのツボを押したら5秒キープすること。個人差があるので押す回数に決まりはありませんが、実際に押してみながら効果を実感できる回数や頻度を見つけてみましょう。

目・鼻の症状全般に効くツボ

花粉症の症状として代表的な目・鼻に効く、万能のツボから紹介していきます。

合谷(ごうこく)

鼻水・鼻づまり、目のかゆみや充血、頭痛や顔のむくみなど、多岐に渡る症状の改善に効果的なツボが、合谷です。万能のツボとも呼ばれており、手の甲にあるので刺激しやすいのが魅力。

場所は、親指と人差し指の骨の真ん中で、少し人差し指側です。反対の親指と人差し指ではさみ、適度な力で揉みましょう。合谷は少しの力で響くので、ソフトに押すことがポイントです。強く押してしまうと、違和感が残ってしまう恐れがあります。

曲池(きょくち)

曲池は、目に生じる不快な症状を和らげたり、複数のツボを刺激したときにバランスを取るうえで役立つツボです。

場所は、肘を曲げたときにできるシワの外側に位置しています。親指を使って、優しく押していきましょう。

手三里(てさんり)と足三里(あしさんり)

手三里と足三里を左右の手足で刺激すると、不快な症状を緩和する効果を期待できます。

手三里は、曲池から指3本ほど手首寄りに位置しているツボです。足三里は、スネの縁から少し外側で、親指をスネに当てたときに小指が触れる場所に位置しています。

最初は、手三里を指の腹で押してから、足三里を親指の先で押しこむように刺激しましょう。

目のかゆみ・充血・腫れぼったさに効くツボ

目のかゆみ、充血や腫れぼったさを解消するツボは、顔周りに多く存在しています。顔を傷つけないためにも、力を入れ過ぎず優しく押すのがポイントです。

魚腰(ぎょよう)

魚腰は眉山(眉の中央)に位置するツボです。少し下から押し上げるようにして、刺激するのがおすすめ。

太陽(たいよう)

太陽は、眉尻と目尻の中間にあり、こめかみのくぼんだ部分です。分かりにくい場合は、口を開けたとき少し凹む部分を探してください。

清明(せいめい)

清明は、目頭と鼻の付け根の骨との間に位置しているツボです。目が疲れたと感じたとき、無意識に押さえてしまう人も多いはず。親指と人差し指を使い、つまみながら押しこむようにプッシュしましょう。

承泣(しょうきゅう)

承泣は、黒目の真下に位置しており、下まぶたの真ん中にあるツボです。中指の腹を使い、下から押し上げるようなイメージで刺激しましょう。

鼻の症状に効くツボ

鼻水、鼻づまりに効くツボは、小鼻の周辺や首~背中にかけて位置しています。

大椎(だいつい)

鼻水を緩和したいときは、大椎を刺激するのがおすすめです。

場所は、首を前に傾けたとき、首と背中の付け根に飛び出る骨の下に位置しています。自分では押しづらい場所なので、寝た状態からゴルフボールなどを使ってツボを刺激するのも有効です。

迎香(げいこう)

鼻の通りを良くし、鼻づまりの症状を改善してくれるツボが迎香です。犬歯の根本に位置しており、小鼻のくぼみにあります。人差し指と中指を引っかけるようなイメージで、下に押しながら刺激してください。

上迎香(じょうげいこう)

上迎香は、鼻づまりの解消に効果的であることから、鼻通(びつう)とも呼ばれています。迎香の少し上にあり、鼻の付け根の両側に位置するツボです。

押すと痛さを感じますが、このツボで効果を実感するためには少し強めに刺激するのがポイント。

関連する記事

動悸を感じる理由とは?ツボマッサージで、自律神経を整えよう。

突然訪れる心臓のドキドキ感を経験したことがある人も...

2019年07月24日, ツボ押しで身体の不調を改善

むくみを解消するツボとは?血液やリンパを流して、冷えも改善しよう。

女性が悩みがちなトラブルとして代表的に挙げられる1...

2019年07月24日, ツボ押しで身体の不調を改善

胃痛を解消するツボとは?手足のツボで手軽に症状を緩和しよう。

食べ過ぎやストレスなどから生じることの多い胃痛。症...

2019年07月24日, ツボ押しで身体の不調を改善