眠気を解消するマッサージとは?オフィスでバレずに睡魔を吹き飛ばそう。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , マッサージで身体の不調を改善

仕事中、突然の眠気に襲われた経験のある人も多いはず。眠気を解消するには、マッサージも役立ちます。ここでは、周りの人にバレずに眠気を覚ますことができるマッサージ法を紹介。

また、どうしても眠いときは潔く仮眠を取ることも大切です。仮眠の取り方についても、確認しておきましょう。

眠気を吹き飛ばすマッサージ

ここでは、オフィスで取り入れやすい眠気を解消するマッサージをピックアップしました。痛気持ち良いと感じる程度で刺激することで、頭をスッキリ目覚めさせることができます。

耳を引っ張るマッサージ

耳には100以上の反射区(ツボ)があり、眠気の解消や頭の疲労回復にも効果的です。耳をマッサージすることで体が温まり、活動モードに切り替えることができます。

左右の耳たぶを持って、下に向かってゆっくり3秒引っ張ったら一気に放しましょう。この動作を4~5回ほど繰り返し、最後に耳全体を揉んだら終了です。

下方向だけではなく、上下→左右→斜めに引っ張ると、耳全体をまんべんなくほぐすことができます。

手のマッサージ

手には、万能のツボと呼ばれる合谷(ごうこく)が位置しており、指圧マッサージすることで血行促進につながります。パソコン作業で目が疲れたとき、首や肩のコリが気になったときにもおすすめ。

まず、片手でもう片方の指を1本ずつきつめに握っていきます。手首をブラブラと振って脱力したら、手をギュッと握る→大きく開く動作でグーパー運動をしてください。

最後に、合谷のツボ(親指と人差し指の間にあるくぼみ)を、親指の腹を使って力強く押したら完了です。

二の腕のマッサージ

パソコンやスマホの使用で、腕は疲れが溜まり血流も滞りがちです。しっかり揉みほぐすことで、眠気と疲れを解消しましょう。

まず、二の腕をもう片方の手で軽く握って、ぞうきんを絞るようなイメージで前後にねじっていきます。このとき、痛すぎない程度の力でおこなってください。

次に、脇の下にあるくぼみに親指以外の4本をあて、胸側に親指をあてて挟み込むような形で揉みほぐしていきます。肩甲骨を寄せるように近づけて、脇の下を伸ばしたら完了です。

可能であれば、潔く仮眠することも大事

どうしても眠たいときは、無理をするより少し休むことが大事。可能なタイミングで仮眠を取ると、眠気をスッキリ覚ますことができます。脳に休息を与えることで、仮眠後の仕事効率をアップさせる効果も。

仮眠後は外の風に当たったり、軽くストレッチして体をほぐすことでスイッチを切り替えましょう。

デスクワークの人は、イスに座った状態で15分の仮眠を

デスクワークであれば、イスに座った状態で15分程度の短い仮眠を取りましょう。壁に背中をつけるなど、姿勢を安定させた状態で眠るのがおすすめです。

交代勤務の人は、床やソファに寝転がって15分程度の仮眠を

日をまたいだ仕事や交代勤務をしている人で、翌朝まで会社に残るほどではないとき、1時間以上寝てしまうと帰宅後に眠れなくなる恐れがあるので、15分程度の短い仮眠を取りましょう。

快適な場所で眠ってしまうと起きられなくなる可能性があるので、床の上やソファに寝転がって仮眠を取りましょう。照明は消さず点けたままにしておくことで、スムーズに目覚めやすくなります。

明るいと眠れない場合は、アイマスクやハンカチなどで目を覆い、目に入る光の量を調節してください。

関連する記事

頭痛に効くマッサージとは?痛みの種類で、対処法を変えよう。

頭痛は、体調不良のときだけでなく、日々の疲労やスト...

2019年07月24日, マッサージで身体の不調を改善

リンパマッサージの正しいやり方とは?基本を抑えて美脚になろう。

リンパ液は血液のようにポンプで体内を流れるわけでは...

2019年07月24日, マッサージで身体の不調を改善

胃痛や胃もたれに有効なマッサージとは?食生活の見直しも大切。

胃痛や胃もたれが起こる原因は、食べ過ぎやストレスな...

2019年07月24日, マッサージで身体の不調を改善