疲れをマッサージで解消する方法とは?硬くなった筋肉をほぐそう。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , マッサージで身体の不調を改善

日常の疲れをマッサージで解消したい、と考えている人は多いはず。体のコリや疲れは、筋肉の緊張によって硬くなっていることが原因です。

マッサージで筋肉の緊張を柔らかくほぐすことで、疲れの解消につながります。ここでは、疲労解消におすすめのセルフマッサージと、相手にマッサージしてあげる方法を紹介。

疲れをその日のうちに解消することで、日常をより快適に過ごせるようにしましょう。

疲れを解消するセルフマッサージ

マッサージをするときは余計な摩擦を避けるために、オイルやクリームを使うのがおすすめ。手のひらにのせて、体温で少し温めてからマッサージしましょう。

また、筋肉を掴んだり、圧迫しすぎないこともポイント。指を揃えた状態で手のひら全体を使うと、筋肉を傷めるリスクを下げることができます。

肩の疲れを解消するマッサージ

肩の疲れを解消できる、簡単なマッサージです。右肩を左手でソフトに押しながら、親指を首にあてた状態で上げていきましょう。反対側も同様に繰り返してください。

背中の疲れを解消するマッサージ

テニスボールを使って、背中の疲れを解消するマッサージです。バランスボールなどでも代用できます。

床に仰向けで寝た状態で、背中の下にテニスボールをセットしたら、ゴロゴロと転がしましょう。背中の筋肉をほぐすだけでなく、背骨を調整してくれる効果も期待できます。

足の疲れを解消するマッサージ

テニスボールやゴルフボールを使って、足の疲れを解消するマッサージです。

テニスボールを床にセットしたら、足裏でゴロゴロと転がしていきます。つま先~かかとまで、まんべんなく刺激してください。とくに疲れが溜まりがちな土踏まずは、時間をかけてほぐすのがおすすめ。左右合わせておこなってください。

相手にマッサージをしてあげるときのやり方

家族や友達、パートナーにマッサージをしてあげるシーンで、おすすめのマッサージ法を紹介。

相手をマッサージするときは、力加減を尋ねながら進めるのがポイント。強めが良いと言われたら、体重をかけるようにしてコントロールしてください。硬くなっている筋肉をほぐすときは、指の第2関節を使うのもおすすめ。

首と肩をほぐすマッサージ

相手の首~肩にかけてほぐしてあげるマッサージです。

まずは、相手の左肩に手のひらをあて、全体に力を加えるイメージでソフトに押します。手を首の横に向かって滑らせながら付け根までさすり、この動きを上下に繰り返してください。

右肩も同じように繰り返し、左右合わせて2~3回を目安に続けましょう。

背中をほぐすマッサージ

相手の背中をほぐしてあげるマッサージです。

まずは、背骨に沿って手のひらをクルクルと回しながら筋肉を温めていきます。このとき、背骨自体を押してしまわないように注意。

下に下がるにつれて前かがみになり、手のひら全体を背中に押し当てて、体重をゆっくりかけながら力を加えてください。最後に、背骨に沿って筋肉をもみほぐしていきましょう。

相手へのマッサージで疲れないポイントとは?

相手にマッサージしたとき、数分経ったところで腕や手が疲れてしまった、という経験のある人もいるはず。疲れてしまう原因の多くは、立ち位置と体重のかけ方にあります。

相手の隣でマッサージするのではなく、相手が床に座っている場合は自分はソファに座ったり、相手がイスに座っている場合はその背後に立つことが大事。

相手が座っている状態で背中をマッサージするときは、相手に体を少し前傾してもらうことで、体重をのせやすくなります。

関連する記事

腰の痛みに効くマッサージ方法とは?血流を改善することがポイント。

腰が痛い、重だるい、といった不調は、セルフマッサー...

2019年07月24日, マッサージで身体の不調を改善

ストレスを解消するマッサージとは?頭をほぐして不調もケア。

明治大学法学部の堀田秀吾教授が2017年に出版した...

2019年07月24日, マッサージで身体の不調を改善

巻き肩に効果的なマッサージとは?指圧で筋肉の緊張をほぐそう。

巻き肩とは、肩が前に出て内側に入り込んでしまった状...

2019年07月24日, マッサージで身体の不調を改善