生理中にマッサージしても大丈夫?生理痛の緩和にも効果的。

生理中にマッサージしても大丈夫?生理痛の緩和にも効果的。

RELAX LAB編集部
公開, 更新 , マッサージ

マッサージ店に行くときや自分でマッサージをしたいと思ったとき、「生理中でもマッサージして良いの?」と悩んだ経験のある人は多いはず。生理中は体調が不安定になりやすく、心配になりがちです。

体調に問題ない場合、生理中のマッサージは可能です。セルフマッサージをするとき、下腹部を中心にマッサージすることで生理痛や生理不順の改善に役立ちます。

マッサージ店に行く場合は、夜用のナプキンを使うといった1工夫で、安心して受けることができます。ここでは、生理痛の緩和にもつながるマッサージ法やマッサージ店に行くときのポイントを紹介。

生理中でもマッサージできる。生理痛を緩和するマッサージも。

体調に問題がなければ、生理中でもマッサージすることができます。生理痛や生理不順の改善に効果的なマッサージもあるので、体調と相談しながら取り入れてみましょう。

下腹部のリンパマッサージ

生理痛や生理不順は、冷えなどが原因で子宮や卵巣といった内臓機能の働きが低下することで生じます。下腹部のリンパをマッサージすることで、冷えを改善し症状を緩和させましょう。

まず、胸の辺り~恥骨に向けて、親指以外の4本を使って真っ直ぐさすります。恥骨辺りには鼠径リンパ節(そけいりんぱせつ)と呼ばれる、リンパ液の集合スポットがあるので、そこにリンパ液を流し込むイメージが大切。

3回を目安に、さすり下ろしてください。リンパはゆっくりと流れているので、ゆっくり優しくさするのがポイントです。

今度は、下腹部の外側~鼠形リンパ節に向けて、親指以外の4本指で斜め下にさすります。お腹辺りを流れるリンパは老廃物が溜まりがちなので、3~4回ほど丁寧にさすってください。

次は、足のリンパを流して、体全体のリンパを流しましょう。足の内側を親指の腹を使って、さすり上げてください。足首の内側に両親指をあて、膝の内側→太もも内側の順でさすり上げましょう。2回が目安です。

生理中、マッサージ店に行くときのポイント

マッサージ店を予約してある場合、マッサージ店に行く日と生理が被ってしまい、悩んだ経験のある人もいるはず。体調に問題がなければマッサージを受けても構いませんが、生理痛などの症状が辛い場合は無理せずキャンセルしましょう。

マッサージは体のコリをほぐしたり、リラックスさせる目的があるので、体調が悪いときに無理して行くことはおすすめできません。マッサージ中に体を横にしたり、うつ伏せになるといった動きも加わるので、具合が悪くなる恐れも。

生理が重くて辛いときは、体を労わることを優先してください。

体調が良いとき、1工夫でマッサージを安心して受けよう

マッサージ店に行くとき、生理中はベッドに横たわることを不安に感じがちです。初めて行くお店であれば尚更心配になるはず。

出血量が気になるときは、夜用のナプキンを使用したり、生理用品の予備を持って行くのがおすすめです。また、マッサージを担当するスタッフに生理中であることを話しておくと、配慮してくれるはず。

生理中だからと言って行動を制限すると、かえってストレスになることも。1工夫加えることで、生理中でもマッサージを楽しみましょう。

関連する記事

もみほぐしとマッサージの違いとは?効果や目的別に使い分けよう。

人気が高まっているもみほぐしとマッサージ。この2つ...

2019年07月18日, マッサージ

武蔵小杉で評判のマッサージ10選。体が軽くなって気分も爽快

武蔵小杉周辺のグランツリーをはじめとする商業施設で...

2019年07月18日, マッサージ

脚のむくみを解消するマッサージ方法とは?強めに揉むのがポイント。

1日の終わりに脚のむくみやだるさを感じる、パンパン...

2019年07月18日, マッサージ